TOP > 映画作品を探す > あなたに言えなかったこと

人生を不器用に生きる男女の姿をハートフルなタッチで描いた一編。監督・脚本は本作が長編劇映画デビューとなるスペインの女性監督イザベル・コヘット。製作はエディ・サエタ。撮影はテレサ・メディーナ。音楽はアルフォンソ・ヴィラロンガ。出演は「身代金」のリリ・テイラー、「狼たちの街」のアンドリュー・マッカーシー、「トゥリーズ・ラウンジ」のシーモア・カッセル、「スリーサム」のアレクシス・アークェットほか。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アメリカ。小さな町のカメラ屋に勤めるアン(リリ・テイラー)は、プラハに転勤になったボーイフレンドから別れを告げられ自殺を図る。電話相談室“ホープライン”で悩める人々の話相手をしているドン(アンドリュー・マッカーシー)は命をとりとめた彼女から電話を受ける。その後、アンは恋人にビデオレターを送ることにして、国際宅配便で働く隣人のポール(アレクシス・アークェット)に発送を頼むが、ポールは勝手に中身を見てしまい、送らずじまい。アンは偶然、店にきたドンと知り合う。人生に迷っていたドンは、アンの「幸せは不公平なものね」という言葉に興味を持ち、彼女にひかれる。二人は結ばれるが、アンはその姿をビデオにこっそり収めて恋人に送った。そんな折り、ドンは、“ホープライン”で相談に乗った鬱病のスティーヴ(リチャード・エドソン)が拳銃自殺しようとするのを制止しようとして誤って撃たれ、瀕死の重傷を負う。事件を知ったアンは彼の無事を見届けるとプラハから帰ってくる恋人から逃げるために町を去った。数年後。セールスマンになり、日々をすごしていたドンは都会の公園で偶然、アンと再会するのだった。

作品データ

原題 Things I Never Told You
製作年 1995年
製作国 アメリカ
配給 カルチュア・パブリッシャーズ
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > あなたに言えなかったこと