映画-Movie Walker > 作品を探す > ポストマン・ブルース

自分の意志とは関係のないところで犯罪事件に巻き込まれてしまうひとりの郵便配達員の姿を描いたコメディ。監督・脚本は「弾丸ランナー」のサブ。撮影を「弾丸ランナー」の栗山修司が担当している。主演はやはり「弾丸ランナー」の堤真一。スーパー16ミリからのブローアップ。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 5
レビュー 1
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 50% (1)
星3つ 50% (1)
星2つ 50% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

同じことが繰り返される毎日に嫌気がさしていた郵便配達員の沢木龍一は、配達の途中、高校時代の友人で今はヤクザの野口に再会した。麻薬に手を出し、組と警察から追われていた野口は、ちょうど落とし前をつけるために小指を切り落としたところである。その光景を見て居心地の悪い思いをする沢木ではあったが、野口の「ガキの頃みたいに胸がドキドキすることがあるか? ヤクザにはそれがあるぞ」という言葉に、少なからず心を動かされた。野口の部屋を出た後、張り込み中の刑事たちに運び屋と勘違いされ、沢木は追われることになってしまう。自室に戻った沢木は酔った勢いで、配達鞄の中の手紙を片っ端から開け、中を読んだ。初めて味わう興奮と刺激に、やがて彼はその中の12号室小夜子という不思議な差出人からの手紙を発見する。そして、彼女が癌で病院に入院していることを知ると、翌日から彼女を探して病院めぐりを始めるのだった。ようやく小夜子を見つけだした沢木は彼女に一目惚れし、文通を始める。同時に、同じ病院で知り合った殺し屋・ジョーとも交流を深め、彼が全国殺し屋選手権大会出場の合格通知を待っていることを知った。ある日、小夜子とデートした沢木は命の助からない彼女を、病院からどこか遠くへ行こうと翌日の3時に迎えに行くことを約束する。ところがその頃、沢木を運び屋どころか連続殺人事件の犯人と思い込んだ警察が、彼の逮捕に乗り出そうとしていた。翌日、沢木の配達鞄に紛れ込んだ野口の指を野口に返し、同じく鞄から見つかったジョーの合格通知を配達した沢木は、小夜子との約束を守るため自転車で病院へ急ぐが、待ち受ける警官隊に射殺されてしまう。駆けつけた野口やジョーの証言で沢木が連続殺人犯でないことが証明されるが、すでに遅く、約束を守れなかったことを悔いながら沢木は息を引き取った。だが彼の霊は、それより少し前に死んでいた小夜子の霊とともに、遠い世界へと旅立つ。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 110
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 サブ
製作 津滝嘉夫大崎正人石川博山口友三
プロデューサー 片嶋一貴真木太郎小田原明子
原案 サブ
脚本 サブ
企画プロデュース 佐谷秀美
撮影 栗山修司
音楽 岡本大介
美術 西村徹
美術意匠 佐々木記貴
編集 掛須秀一
録音 佐藤幸哉
スクリプター 赤澤環
スチール 加藤光男矢野力
音響効果 岡瀬晶彦
効果 宮田義三
助監督 井原眞治
照明 鳥越正夫
整音 中村淳
衣裳 羽渕奈穂
ポスト・プロデューサー 掛須秀一

キャスト

沢木龍一 堤真一
小夜子 遠山景織子
殺し屋ジョー 大杉漣
野口修二 堀部圭亮
土門泰三 清水宏
飯田康則 伊藤洋三郎
竹林和彦 山本享
落合忠雄 武発史郎
前田三郎 寺島進
藤村光男 四方堂亘
黒川祐二 サブ
板倉英次 永居光男
相原広志 澤山雄次
殺し屋ラン 滝沢涼子
花田政吉 鈴木一功
花田みよ子 及森玲子
篠原一郎 田口トモロヲ
半田寛次郎 麿赤兒
木村 近藤敦・KONTA
殺し屋ゼッケン3 DIAMOND☆YUKAI
松平機動警邏隊隊長 平泉成
郵便局員 小松沢陽一

レビュー

SABU作品の私的最高傑作

投稿者:李寸本編集長

(投稿日:2007/04/12)

SABU監督の映画を1本見るんだったら、 だれにでもこれを…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ポストマン・ブルース