新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君にのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君にのレビュー・感想・ネタバレ・評価

1997年7月19日公開,87分

ユーザーレビュー

3.6
  • たっかん

    4
    2013/8/3

    この「劇場版」、久しぶりに再見。

    テレビ版は全話とおして繰り返し見ている。(3回ほど)
    劇場版も全て観ている。
    この映画は、ゼーレが送り込んだ9体のエヴァが飛来して来て終わった『シト新生』をその後含めて完成させ、アスカの弐号機が倒したはずの9体エヴァシリーズが活動再開。
    弐号機はメッタ刺しで、言葉では表現できぬほど、ズタボロになる。
    初号機が動き出したところで、「つづく」。
    「タナトス」という曲流れて、DNAのようならせん字幕をはさんで、26話へ。

    初号機へロンギヌスの槍(オリジナル)が届く。ゼーレがサードインパクトを図る。
    アンチATフィールド。
    地球規模で描かれるレイというかユイ。
    シンジがアスカの首を絞めて、アスカ『気持ち悪い』で「終劇」。

    テレビ版でも収拾つかなかった物語は、やはりこの作品でも収拾つけるのは困難であった。
    この作品観て、スッキリすることなし。
    謎解きドラマの様相を呈して終わったものだから、様々な解釈本が出版されることになるのだ。(ほとんど読んでいないが…)

    この映画で収束できなかった物語があったからこそ、現在順々に公開されている「新劇場版」が生まれ続けているのではないだろうか………その意味では、この映画にも感謝すべきなのかも知れない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • タマキング

    4
    2013/7/24

    覚醒したアスカが乗る弐号機の無双モードが爽快です。量産型とのバトルが何とも言えないほどいいです。ただ絵が汚い。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • R36

    2
    2008/3/1

    難しい、、、
    ただテレビシリーズ初期のほのぼの感は無く、
    これが現実だと受け止めさせられるそんな作品でした。
    テレビシリーズ見た人は必ず見ましょう。
    でないと気持ち悪い感が残ったままじゃないですか??
    ちなみに僕は何度か見ないとわからんだろうとDVDを買いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告