TOP > 上映中の映画作品を探す > THE DEFENDER

自分の中で覚醒していくもうひとりの自分と、自己のアイデンティティをかけて戦う男の姿を描いたアクション。監督は「くまちゃん」の小中和哉。原案・脚本を「ARMITAGE III」の小中千昭が担当し、撮影に越智宏亮があたっている。主演は「Morocco/横浜愚連隊物語」の柳葉敏郎

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京・秋葉原の路地裏でCD-ROMの修復をしている、アキバの直し屋タカシの通称で知られる孝は、ある日、良美という少女の訪問を受ける。彼女は孝に1枚のディスクの修復を依頼するが、彼がそれを機械にかけた途端、奇妙な電子音が鳴り響いて、孝はひどい頭痛に襲われてしまった。これがきっかけとなり、孝の中では不思議なパワーが覚醒する。孝は、昌美というもうひとつの人格を持つ良美に襲いかかる謎の暗殺者たちと戦うことになるが、自分でも信じられないほどの力を発揮して、その戦いに勝利していった。その後、あまりの頭痛のひどさに病院に担ぎ込まれた孝は、そこで自分の頭の中にマイクロチップが埋め込まれていることを知り愕然となる。真相をつかむために伝説のハッカー、ウィザードを探し出した孝は、ウィザードの手で修復されたCD-ROMを開き、内務省の極秘計画を発見した。そこには、マイクロチップを頭に埋め込んで人間兵士を製造する恐ろしい計画が記されている。マイクロチップが埋め込まれていた孝と昌美は、その実験施設で生まれた人造人間であり、このプロジェクトの実験材料だったのだ。自分の記憶が他人に作られた偽物であったことにショックを受けた孝は、体の中に覚醒していく本来の自分と、自己のアイデンティティをかけて壮絶なバトルを展開する。昌美の助けもあって勝利を収めた孝は、自分と昌美に埋め込まれたマイクロチップをえぐり取った。植えつけられた偽の記憶の人生を本当の人生として、再び秋葉原の路地裏に戻った孝は、その後の人生を昌美とふたりで生きていこうとする。

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 パル企画
上映時間 94
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小中和哉
製作 市村將之石川博酒井俊博鈴木ワタル
企画 石井和彦
プロデューサー 井手正義五十嵐智之吉田晴彦河合伴明
原案 小中千昭
脚本 小中千昭
撮影 越智宏亮
照明 神村裕二
編集 松竹利郎
録音 芦原邦雄
美術 いしいいわお
音楽 メカノ
音楽プロデューサー 笠谷文人
デジタルSFX 古賀信明
特殊造形 若狭新一
CG 永見康明
助監督 関良平

キャスト

伊藤孝 柳葉敏郎
岡部昌美 菅野美穂
ウィザード(飯塚歳充) 佐野史郎
スネーク・アイ 平賀雅臣
ディック・ヘッド 高野拳磁
エッジ 田口トモロヲ
黄珠音 椰野素子
長沢 エド山口
高橋 松尾貴史
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > THE DEFENDER