TOP > 上映中の映画作品を探す > ライアーライアー > レビュー

投稿レビュー(7件)ライアーライアーは星3つ

ジムキャリーの真骨頂 (投稿日:2012年12月9日)

今作を鑑賞したあと、または前は「エターナルサンシャイン」を観よう←ぜひ

なかなか★5にならないこの作品
確かにジムキャリーの芸は素晴らしいし笑えるのだが、過剰すぎてワンパターンになっている感があったり、ラストの展開に賛否両論あるかもしれない
 
 単純な笑いが好きな人に心地よいコメディの良作 »ガイドライン違反報告

投稿:Mover

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

THE 顔芸 (投稿日:2012年1月31日)

ジム・キャリーの顔芸をこころゆくまで堪能できます。
嘘をつけなくなり、言いたいことが言えずに悶え苦しむ彼のオーバーリアクションに笑い転げましょう! »ガイドライン違反報告

投稿:yoroshiko

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

全開!!ジム・キャリー (投稿日:2010年10月4日)

嘘をつくことができなくなる事に悪戦苦闘する子供思いのパパをまるでマンガ映画のような派手なアクションでジム・キャリーの独壇場。喜劇ですがほのぼのとして観終わった後は何とも言えない爽やかな優しい気分になりました。 »ガイドライン違反報告

投稿:okara

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ブラックユーモアで笑わせる (投稿日:2009年5月22日)

 大阪府知事に就任したタレントで元・弁護士を職業としていた人間が弁護士は嘘をつく商売と解説していましたが、仕事上で付き合ってみると、まるで“オオカミ少年・大人版”のようですね。ハリウッドでも一時期、弁護士を正義の仕事のように描いてきましたが、最近はオオカミ少年・大人版として実像を描いています。日本映画の「醜聞(スキャンダル)」や「半落ち」でも卑屈な弁護士が登場してきますが、黒澤明監督は半世紀も前に弁護士の正体を「醜聞(スキャンダル)」で、暴いていたことに敬服しています。

 映画「ライアーライアー」はジム・キャリー扮する嘘つき名人の弁護士が法廷はおろか、日常生活でも八方美人的言動を繰り返していたのですが、純粋な息子が自分の誕生日の願いに、父親のジム・キャリー弁護士がマル一日嘘がつけなくなるようにお祈りしたことによって、ドタバタコメディが繰り広げられることになるのです。

 大爆笑シーンは巨大法律事務所の幹部会議で本音を吐きまくる主人公の悪態が、建前に慣れ親しんだ幹部・弁護士たちに受けてしまうところにあります。ブラックユーモアで笑わせる日本の芸人がいますが、あれと全く同じ効果が表れるのです。フレッチャーは“大人には嘘も大事=嘘も方便”と発言しますが、大事な部分でもありますね。ジム・キャリーのキャラと過剰な演技に笑わせられ、純粋な少年に教えられたコメディの傑作でした。
»ガイドライン違反報告

投稿:晴耕雨読

評価:3
星評価

4人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

何回見ても楽しい。 (投稿日:2006年12月22日)

アメリカンジョークって、日本人にはなかなか理解しづらくて笑えないことが多いと思うのですが、この映画は別。ジョークと言うよりはジム・キャリーのリアクションがおもしろいのですが、何度見ても笑えます。ブルーな時におすすめの映画です。 »ガイドライン違反報告

投稿:ケンチャン

評価:5
星評価

4人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

大爆笑したいならこれ!! (投稿日:2006年10月18日)

もう、最高に笑える~~ジムキャリは天才だと感じました!悲しい気分も一気に吹き飛びます!思い出しただけでも、かなり楽しい気分になれます。 »ガイドライン違反報告

投稿:tuka

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ライアーライアー > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る