映画-Movie Walker > 作品を探す > フューネラル

マフィア三兄弟の三男の葬式をめぐり、兄弟がたどる“血”の宿命の悲劇を描いたシリアス・ドラマ。監督は「バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト」「アディクション」のニューヨーク・インディーズ派の鬼才アベル・フェラーラ。製作は「バッド・ルーテナント」のメアリー・ケーン、製作総指揮はマイケル・チェンバーズとパトリック・パンツァレラ。アソシエイト・プロデューサーは「アディクション」のラッセル・シモンズと同作に続いて本作でもヒロインもつとめるアナベラ・シオラ、ジェイ・キャノルドの共同。共同製作はランドール・サブサワ。脚本のニコラス・セント・ジョン、撮影のケン・ケルシュ、音楽のジョー・デリアはデビュー作以来フェラーラを支えてきた常連スタッフ。美術はチャールズ・M・ラゴーラ、編集は「アディクション」のメイイン・ロ、ビル・パンコウの共同、衣裳は「アディクション」のメリンダ・エセルマン。出演は「キング・オブ・ニューヨーク」「アディクション」でフェラーラと組んだクリストファー・ウォーケン、「トゥルー・ロマンス」のクリス・ペン、「グッドフェローズ」のヴィンセント・ギャロ、「最高の恋人」「アディクション」のアナベラ・シオラ、「シェフとギャルソン,リストランテの夜」のイザベラ・ロッセリーニ、「ユージュアル・サスペクツ」のベニチオ・デル・トロほか。96年ヴェネチア映画祭助演男優賞受賞(クリス・ペン)。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

30年代半ば。ニューヨーク近郊の閑静な住宅地。三兄弟が仕切るマフィアのテンピオ一家の三男ジョニー(ヴィンセント・ギャロ)が22歳の若さで何者かに殺され、三日に及ぶ葬式が行われようとしていた。通夜。ファミリーの頭目、長男レイ(クリストファー・ウォーケン)は妻ジーン(アナベラ・シオラ)の制止にも耳を貸さず報復を決意、手下に犯人探しを命じる。自殺した父親の血を受け継いで神経を病む次男のチェズ(クリス・ペン)は、怒りと悲しみのあまり車で外へ飛び出していく。チェズの妻クララ(イザベラ・ロッセリーニ)はそんな彼の凶暴さに脅えて暮らす日々だった。二日目。女たちの不安をよそに、兄弟は問題児だったが愛すべき弟だったジョニーに思いをはせる。ファミリーは労働争議にからんでスト潰しで利益をあげており、ガスパー(ベニチオ・デル・トロ)という男と対立した。ガスパーはチェズの経営するもぐり酒場でジョニーの相棒と喧嘩し、相手を刺し殺したこともあったうえ、ジョニーは彼の妻ブリジットと不倫してもいた。夜。いちばんの容疑者として連れてこられたガスパーを、レイは斧を手にして脅しつけて訊問。それでも動じないガスパー。レイは彼が犯人ではないと確信すると解放したが、その後で暗殺を命じた。直後。ジョニーを殺したというチンピラが見つかった。チンピラは「ジョニーが自分の恋人をレイプしたから殺した」と語る。レイはひとりでチンピラを車で連れ出し、チンピラが実はジョニーにバカにされたというだけで彼を殺したと聞くと、彼を射殺した。三日目。朝。レイはチェズに犯人が見つかったと告げる。チンピラの死体を埋めたチェズは、帰って来るなり二人の手下を射殺し、現れたレイの胸を撃ち、ジョニーの棺のかたわらで銃を食わえて自殺した。三兄弟はかくして死を迎えた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Funeral
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > フューネラル