TOP > 上映中の映画作品を探す > ネイティブ・ハート

現代社会で孤独を抱えていた男と女が、伝説のシャイアン族との交流により暖かい心を取り戻していく様を描いた感動作。監督・脚本は「ノートルダムの鐘」(96)などの脚本家であるタブ・マーフィーで、本作が彼の監督デビューとなる。製作はジョエル・B・マイケルズ。製作総指揮は「ショーガール」などのマリオ・カサール。撮影は「インデペンデンス・デイ」のカール・ウォルター・リンデンローブ。音楽はデイヴィッド・アーノルド。美術はトレヴァー・ウィリアムス。編集はリチャード・ハルシー。衣裳は「ラスト・オブ・モヒカン」のエルザ・ザンパレッリ。主演は「シェイド」のトム・ベレンジャー。共演は「ある貴婦人の肖像」のバーバラ・ハーシーほか。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

モンタナ州、オックスボウの山脈の麓で3人の囚人が脱走する事件が起きた。彼らの追跡の仕事を請け負った、妻を亡くして以来酒浸りの賞金稼ぎルイス・ゲイツ(トム・ベレンジャー)は、囚人達のシャツの切れ端と血の海が広がり、そこには一本の矢だけが落ちているという不思議な光景を目にする。ルイスは手掛かりとなる矢を手に、先住民族研究家のリリアン教授(バーバラ・ハーシー)を訪ねる。矢は130年前に絶滅したと伝えられるシャイアン族の戦士“ドッグ・メン”のものと酷似していた。ルイスは彼らの子孫が生き残っている事を確かめる為、再びオックスボウへ。リリアンもついて行った。山に入って10日目の朝、ついに彼らはシャイアンの村を発見する。その夜、二人のもとに“ドッグ・メン“の指導者イエロー・ウルフ(スティーヴ・リーヴィス)が現れる。二人とシャイアン達は次第に交流を深めていく。そしてシャイアンの生活にすっかり魅せられたリリアンは、村に残る事にした。ルイスは一度山を降りたものの、冬になると、再びこの村に帰ってきたのであった。

作品データ

原題 Last of the Dogmen
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和配給(パイオニアLDC提供)
上映時間 118
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ネイティブ・ハート