TOP > 上映中の映画作品を探す > シェフ イン ラブ

20世紀初めに新しい味を求めて世界中を旅した、あるフランス人シェフの物語。監督は「ロビンソナーダ」で86年のカンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を受賞したナナ・ジョルジャゼ。主演はフランスで監督としても活躍するピエール・リシャールと「レ・ミゼラブル」のヴェテラン俳優ミシャリーン・プレスル、AP通信のコーカサス特派員だったニノ・キルタゼほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1995年、パリ。アントン・ゴゴラゼ(ラマズ・チヒクヴェゼ)は、著名なシェフでテノール歌手で冒険家のパスカル・イシャック(ピエール・リシャール)の姪のマルセル・イシャックを紹介される。アントンは彼の最愛の母親セシリア・アバチゼ(ニノ・キルタゼ)がパスカルの著した「恋するコックの1001のレシピー」を愛して止まなかったことを思い出した。マルセルからパスカルの原稿を見せられたアントンは、1920年のグルジアでパスカルとセシリアが恋愛関係にあったことを知る。グルジア大統領との出会い、レストランの華やいだパーティ、パスカルの料理に対する情熱は凄まじい。1921年赤軍が進攻してくる。セシリアの懇願にも係わらず、パスカルはグルジアを離れようとしない。若い将校の怒りを買い、レストランは閉鎖。パスカルの子供を身ごもったセシリア、だが彼は自らの誇りのために、無知な赤軍のコックに料理の技術を教えようと決意する。後にセシリアの手によって集めれたパスカルのレシピーだが、結局それがパスカルの遺言になってしまった。再び1995年、パリ。アントンは自らの出生の秘密と父親に想いをはせるのだった。

作品データ

原題 Shekvarebuli Kulinaris Ataserti Retsepti
製作年 1996年
製作国 フランス グルジア
配給 シネセゾン配給(ジェイ・シー・エー提供)
上映時間 100
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

Pascal Ichak ピエール・リシャール
Marcelle Ichak ミシュリーヌ・プレール
Cecilia Abachidze ニノ・キルタゼ
Zigmund Gogladze テムール・クマラズ
Anton Gogoladze(young) ジャン・イヴ・ゴーティエ
Anton Gogoladze(old) ラマズ・チヒクヴェゼ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > シェフ イン ラブ