映画-Movie Walker > 作品を探す > ゴースト&ダークネス

19世紀末、アフリカで猛威を振るった伝説の人食いライオン2頭と2人の男の戦いを描く冒険ドラマ。文明批判のメッセージとエンターテインメント精神が同居した作風が印象に残る。「マラソンマン」「ミザリー」の脚本家ウィリアム・ゴールドマンがアフリカ旅行中に知った実話を基に脚本を執筆。監督には「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」のスティーヴン・ホプキンスが当たった。製作は「ダンテズ・ピーク」のゲイル・アン・ハードとポール・ラディンの共同。製作総指揮は主演も兼ねるマイケル・ダグラスと「依頼人」のスティーヴン・ルーサー、A・キットマン・ホー。撮影は「クロッシング・ガード」のヴィルモス・ジグモンド、音楽は「ファースト・コンタクト」のジェリー・ゴールドスミス、美術は「判決前夜 ビフォア・アンド・アフター」のスチュワート・ワーツェル、編集はロバート・ブラウンとスティーヴ・ミルコヴィッチ、衣裳はエレン・ミロジニック。アニマトロニック・エフェクツは「コンゴ」のスタン・ウィンストンのクルーが担当。主演は「アメリカン・プレジデント」のマイケル・ダグラスと「DNA」のヴァル・キルマーほか。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 50% (1)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 50% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1898年、ロンドン。英国はライバル各国に先駆けて、東アフリカで膨大な利益を上げる象牙公益ルート確立のため、鉄道網の整備を急いでいた。東アフリカのツァヴォ河に架ける橋を建設するために、政府の高官ボーモント(トム・ウィルキンソン)は、橋梁建技術者のジョン・パターソン大佐(ヴァル・キルマー)を選んだ。ボーモントは歪んだ性格の持ち主で、パターソンや理想主義者の助手スターリング(ブライアン・マカルディ)を過酷な状況のアフリカに派遣し、彼らが失敗するのを心待ちにしていた。かねてよりアフリカに行くのが夢だったパターソンは新婚間もない美しい妻ヘレナ(エミリー・モーティマー)をロンドンに残し、橋の建設を必ず成功させる決意で現地に向かった。パターソンはスターリングの案内で、現地で信頼を得ているサミュエル(ジョン・カニ)と合流し、3千人の作業員が待つ現場に到着。しかし、希望に満ちた彼の心とは裏腹に、スワヒリ語で「殺戮の地」を意味するツァヴォでは、アフリカ人がシャイタニ(夜の悪魔)と恐れる人食いライオンとの戦いが待っていた。彼は到着したその日、襲撃したライオンの1頭を見事1発の銃弾で仕留めるが、喜びも束の間、現場のチーフであるマヒナが残虐な手口で殺された。犠牲者は3ケ月で30人にも達し、ついにスターリングまでも牙に倒れた。作業員のリーダー、アブドゥーラ(オム・プリ)は恐怖に脅えて辞職を訴える。ボーモントの計らいで、高名なハンターであるレミントン(マイケル・ダグラス)が雇われた。現地を知り尽くした彼に希望を託し、パターソンは最後の戦いに挑む。残虐で狡猾な2頭のライオンはゴーストとダークネスと呼ばれ、その生態を知れば知るほどライオンとは思えない、知性を持った幻獣であるかに思えた。2人は競争心と敵愾心を抱きながらも互いに命を預け合って魔獣を追うが、2頭もまた密かに彼らの動きを伺っていた。凄まじい死闘の果てにレミントンは倒れるが、パターソンは2頭を仕留め、呆然と立ち尽した。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

原題 The Ghost and The Darkness
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 UIP
上映時間 110
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ゴースト&ダークネス