TOP > 映画作品を探す > クリフ・セブン 人質奪還指令

狂信的な軍人から娘を取り戻すために戦う元工作員の女性の姿を描くアクション。監督・撮影は「TOO BEAUTIFUL TO KILL」のウイリアム・モリーナ。製作のレマン・セティナーアクセル・マンチ、音楽のデイヴィッド・ウォーストエリック・ウォーストは同作に続いての参加。主演は「ロボコップ3」「哀しみのスパイ」のナンシー・アレン。共演は「クイック&デッド」のランス・ヘンリクセンほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

元CIAの諜報部員のアンナ(ナンシー・アレン)は、雇い主のマクブライト大佐(ランス・ヘンリクセン)から、アメリカ軍情報部の高名な高官を殺害し、極秘資料を届ける命令を受ける。だが、アンナは引き金をひくことが出来ず、機密資料イカロス・ファイルのみを奪ってくる。冷酷なマクブライトはアンナの愛娘キャリーを誘拐し、その命と引き換えに機密資料を要求する。タイムリミットは24時間。娘の命を助けるため、アンナは指定されたとおり一人で砂漠へ。追手をふりきるため、彼女は偶然近くにいたセスナ機の操縦士ミッチ(ディーン・スコットフィールド)の助けを得て、クリフ7に潜入。なんとそこは、冷戦終結時の核兵器と化学兵器の秘密配備地で、大陸間弾道ミサイルの核弾頭が貯蔵されていた。マクブライトの狙いが核兵器だと知ったアンナは、娘と世界を救うため、ミッチと近くに住むインディアンのボブんだ。そして彼女は助けを借り、マクブライトに戦いを挑んだ。そして彼女は苦闘の末、娘を取り戻し、マクブライトを倒すのだった。

作品データ

原題 Dusting Cliff 7
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 マクザム
上映時間 96
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > クリフ・セブン 人質奪還指令