映画-Movie Walker > 作品を探す > 君が、嘘をついた。

脚本家志望の女の子が、嘘をついて映画監督に近づいていくことから始まるラヴ・ストーリー。監督は「メランコリー」のエリ・シュラキ。録音はジャン=リュック・ゴダール作品で知られる「メランコリー」のフランソワ・ミュジー。主演は「ベティ・ブルー」「とまどい」のジャン=ユーグ・アングラード、「王妃マルゴ」のヴァレリア・ブルーニ=テデスキ。共演は「カウガール・ブルース」のロレイン・ブラッコ、「季節のはざまで」のサミ・フレイ、「百一夜」のジュリー・ゲイエ、「メランコリー」のクリスチャン・シャルメタンほか。

2/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

映画監督ザック(ジャン=ユーグ・アングラード)と大女優エレーヌ(ロレイン・ブラッコ)のカップルに近づくことを考えついたディジー(ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ)は、屋敷の前でひったくりに襲われるという芝居を打つという嘘をきっかけに、彼らの生活に潜り込む。彼女の夢は映画の脚本家になることだった。その夜、憧れのザックが姿を消す。何の手がかりもなく。8ヶ月後、ザックは浮浪者のような姿になっていた。夫の心変わりを感じたエレーヌは彼に自分の主演作を撮らせて、彼の愛をつなぎとめようと考える。彼女が資金を出すがザックには内緒にし、様子を知るために脚本家としてディジーが送り込まれる。脚本はザックの失踪中に起こった出来事に基づいて書かれる。ホテルで出会ったというカップル、そして彼らを襲った悲劇。それらは本当なのか嘘なのかわからない。戸惑いながらもディジーはその物語にザックへの想いを重ねていく。そうして出来上がった映画は、いつしか2人自身のラヴ・ストーリーへと変わっていくのだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Les menteurs
製作年 1995年
製作国 フランス
配給 カルチュア・パブリッシャーズ
上映時間 107
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 君が、嘘をついた。