TOP > 上映中の映画作品を探す > アンナ・オズ

パリの現実とベニスの夢、二つの世界を往復するヒロイン、アンナ・オズを幻想味豊かに描くサスペンス。監督・脚本は「哀しみのスパイ」のエリック・ロシャン。共同脚本にはロマン・ポランスキー作品で知られるジェラール・ブラシュ。撮影は「王妃マルゴ」のピエール・ロム。使用曲はエディ・パルミエーリの「アドラシオン」「カフェ」「アスカール」、イスマエル・リヴェラの「ミ・ネグリスタ・メ・エスムラ」、ダニエル・ポンセの「アラネ」。出演は「ジェイン・エア」のシャルロット・ゲンズブール、「私の男」のジェラール・ランヴァン、『バイ・バイ』のサミ・ブワジラ、「そして僕は恋をする」のエマニュエル・ドゥヴォスほか。

4/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

水の都ベニス。アンナ・オズ(シャルロット・ゲンズブール)は運河の前の美術館で、一人の男が古典名画を盗むところを目撃する。しかしそれは夢の世界。アンナが目を覚ますとそこはパリのアパルトマンだった。ベットには恋人のマルク(サミー・ブラワジ)が腰掛けている。それはパリの現実の生活。だがアンナが眠りに落ちると、再び彼女はベニスへと誘われる。前に目撃した男と再会。彼の名はマルチェロ(ジェラール・ランヴァン)といい、盗品を売買していた。その後パリの現実に戻ると、アンナは殺人事件の重要参考人として警察に拘留されてしまう。彼女にはそんな覚えはない。だんだんベニスの夢がパリの現実を侵食し始めてきたのだ。幼い頃に父と別れ、兄トマとも会っていないアンナの現実に対して、夢の世界の方が力を持ってきた。そしてアンナの世界は反転する。

作品データ

原題 Anna Oz
製作年 1996年
製作国 フランス スイス イタリア
配給 ギャガ・コミュニケーションズ=ファザーSCI配給(日本コロムビア提供)
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > アンナ・オズ