映画-Movie Walker > 作品を探す > アメリカの災難

夫の実の親に会うため旅に出た、新婚まもない夫妻と養子縁組協会の美女の珍道中を描いたコメディ。監督・脚本は新鋭のデイヴィッド・O・ラッセル。製作総指揮は「カンザス・シティ」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟。音楽は「ジェフリー!」のスティーヴン・エンデルマンがスコアを担当。主演は「リアリティ・バイツ」のベン・スティラー、「ホーリー・ウェディング」のパトリシア・アークェット、「バッドボーイズ」のテア・レオーニ。共演は「普通の人々」のメアリー・タイラー・ムーア、「ケーブルガイ」のジョージ・シーガル、「ジョン・キャンディの大進撃」のアラン・アルダ、「ショート・カッツ」のリリー・トムリン、「キルトに綴る愛」のリチャード・ジェンキンス、「マンハッタン花物語」のジョシュ・ブローリンほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ニューヨーク。昆虫学者のメル(ベン・スティラー)とセクシーな妻ナンシー(パトリシア・アークエット)は、4ヶ月の赤ん坊を抱えて、メルの実の両親に会うため旅に出た。養子育ちのメルは、アイデンティティの不安から最近ノイローゼ気味、それを解消するために実の親に会おうというのだ。同行するのは養子縁組協会から派遣されたインテリ美女のティナ(テア・レオーニ)。メルの養父母のコップランド夫妻(ジョージ・シーガル、メアリー・タイラー・ムーア)は複雑な心境で彼らを見送る。ところが旅はご難続き。サンディエゴで会ったヴァレリーという女性は協会の間違いで赤の他人だった。本当の親がいるというミシガンに向かうと、父親だという粗暴なトラック運転手ブードロー(デイヴィッド・パトリック・ケリー)が出迎える。トラックの運転を教えてもらって上機嫌のメルだが、ブードローが衝撃の事実を告白。実は彼は本当の父親ではなく、かつての暴走族仲間だったメルの本当の母親は、男とニューメキシコのアンテロープに駆け落ちしたというのだ。メルはその男の子供だというのだが、当時二人が“マズい状況”だったため、父親の名義はブードローにされたという。混乱するメルだが、その時トラックが小さな郵便局を破壊。ところがメルを事情聴取した担当のFBI捜査官コンビのひとり、ポール(リチャード・ジェンキンズ)はなんとナンシーの高校の同級生だった。しかも彼はバイセクシャルで相棒のトニー(ジョシュ・ブローリン)と実質上の夫婦だった。混乱の極みのメルは旅の間で急接近したティナと危うく関係寸前に。翌日。ナンシーの冗談を真に受けて、捜査官コンビがついてきてしまって、メルは不機嫌の極み。一行はついにメルの実の両親リチャードとメアリーのシュリクティング夫妻(アラン・アルダ、リリー・トムリン)にご対面。一行を暖かく迎える夫妻だが、なんと彼らは現役のヒッピー。リチャードはLSD密売で刑務所入りまでしていた。おまけにボールが夫婦の2番目の息子ロニーがいたずらで作ったLSD入りの料理を食べてバッドトリップ。直後、ボールたちがFBI捜査官だと知った夫妻は逃亡準備。ところが、そこに養父母のコプリン夫妻が心配のあまり駆けつけたから大変。シュリクティング夫妻は気づかずにコプリン夫妻の車に乗ってメキシコへ逃亡。麻薬所持で逮捕されたのはコプリン夫妻だった。かくして大騒動はあったものの、メルとナンシーはコプリン夫妻と再会、皆仲良く記念撮影してめでたしめでたし。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 Flirting With Disaster
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 松竹富士(松竹=アミューズ=デジタル・メディア・ラボ提供
上映時間 93
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アメリカの災難