映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 北京原人 Who are you? > レビュー

投稿レビュー(2件)北京原人 Who are you?は星1つ

小松みゆき、あっぱれ! (投稿日:2007年12月31日)

あちこちで「怪作」「珍作」と書かれているのは、まあ、その通りでしょう。
物語はまさに珍妙で「いくら何でも無理」なだけでなく、あちこちで破綻している。
マンモスのCGなんかも「・・・もうちょっと何とかならなかったの?」だし。
期せずしてか、それが狙いなのか、突っ込みどころは満載すぎるほど満載。
これが『きけ、わだつみの声』や『夢千代日記』と同じ、早坂暁氏の脚本とは・・・とても、思いたくない。

しかし、全体評価は高くはできないものの。
主役やヒロインよりも、北京原人家族の演技に「よくやった!」と言いたい。
北京原人「タカシ」役の本田博太郎ばかりが話題にのぼるようだけど、私は「ハナコ」役を演じた小松みゆきに拍手を送りたい。

だって「原人役」ですよ?!
ヌード経験があるからって「美しいヌード」じゃ、ないんだよ?!
顔だって「鼻を拡げた原人メイク」にされちゃってるし。
そりゃ他の二人もだけど、男優や子役と女優とでは、重みが違う。お笑いやブサ役専門ってわけでもないんだし、彼女。

北京原人ハナコ役=誰もが嫌がる究極の「汚れ役」なんじゃないだろうか。
この役をすることに比べたら、悪女役や坊主頭、特殊メイクでのブス役なんか、可愛いものでしょう。
そこまでの女優魂を見せても、この映画じゃ「ウッパー!」しか言えず、演技力を出せるわけでもない。
『モンスター』のシャーリーズ・セロンのようには評価されない。

たとえ嫌々だったとしても。
きっちり「ハナコ」になった小松みゆきに、最大限の拍手を送りたい。

一回目で呆れ、二回目で突っ込みを楽しみ、三回目にして、小松みゆきに拍手を送れた作品。
でも、人に「三回観なよ」とは決して言えない作品です。 »ガイドライン違反報告

投稿:岩飛筆銀☆IWPG

評価:2
星評価

8人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

突っ込みと回答 (投稿日:2007年4月24日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

私にとっての日本映画における愛すべき駄作トップ3に位置するこの作品を突っ込みと回答形式にしてみました。
1:何でサブタイトルがWho are you?なんやねん!
回答:誰が演じているか?ということで盛り上げようと思ったらしい。(本田博太郎自身がそんなに当時有名でなかったため名前を言われても反応は、極めて少なかった。)
2:何でウッパー!が友達の意味やねん!
回答:佐藤純彌監督の一言で決定した模様。(意味不明です。)
3:なんで片岡礼子も一緒に脱ぐねん!
回答:意味無く脱ぐな!
4:なんで実業団陸上大会なんだ!
回答:安くすむから。(推測)
5:マンモス乗ってどこに帰るねん!
回答:故郷に帰ります。(宇宙で生まれているのに故郷はあるのか?どこでマンモスと繋がりがあるのか?)
私の疑問は、つきません。DVDにコサキンのオーディオ・コメンタリーを次回発売時に付けて下さる事を希望します。 »ガイドライン違反報告

投稿:上海十月

評価:0
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 北京原人 Who are you? > レビュー