映画-Movie Walker > 作品を探す > 売春暴力団

「大阪極道戦争 しのいだれ」「シャブ極道」に続く、山之内幸夫原作、細野辰興監督コンビの“関西極道三部作”の第3弾。ヤクザの組長の息子と腹違いの妹の、近親相姦的な屈折した愛情世界を描いている。脚本は熊谷達文と細野の共同。撮影を「明日なき街角」の佐光朗が担当している。主演は「タオの月」の永島敏行と、新人・川名莉子

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大阪の弱小ヤクザ生駒組の組長の息子・待田金太郎は、悪どいやり口で稼ぎまわり、女と見ればすぐに押し倒すどうしようもないヤクザだが、幼い頃から腹違いの妹・櫻子を溺愛しており、人のいい憎めない面も持っていた。櫻子もそんな破天荒な兄を、ともすると兄妹の感情を超えてしまうほど慕っている。ところがある日、櫻子は生駒組と対立する鳴海組の若頭・佐々木と出会い、ベッドをともにしてしまった。いつもは冷淡な佐々木も、櫻子には不思議と惹かれるものを感じる。やがて櫻子は、自分が兄から自由になるために生駒組を潰してくれと佐々木に頼んだ。数日後、シノギの大半を売春のあがりに頼っている生駒組が女を派遣しているデートクラブで、女を傷つけた客を生駒組の若い者が刺してしまうというトラブルが発生する。客は鳴海組の下っ端でシャブ中の男だったが、弱小の生駒組は逆に手打ち金を要求された。全ては佐々木の策略通りで、ついに組長の生駒がヒットマンに撃たれるという事件も発生し、事態は組同士の戦争へと発展しかける。櫻子が佐々木のもとに居ることを知った金太郎は逆上するが、全てが櫻子の兄への想いから始まっていることをようやく知らされ、愕然とした。金太郎は対決にのぞみ、佐々木に向かって発砲するが、佐々木は間一髪のところで命を取りとめる。櫻子に愛を告げるため約束の場所へ向かっていた金太郎は、その途中で張り込み中の刑事に逮捕されてしまった。面会に来た櫻子と、金太郎はガラス越しに愛の抱擁を交す。刑期を終え、金太郎は櫻子がいるはずの佐々木のもとへ向かうが、そこに櫻子の姿はなかった。金太郎と佐々木は、苦笑しながら櫻子のことを話し始める。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 大映
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 細野辰興
製作 池田哲也
プロデューサー 橋口一成前田茂司
原作 山之内幸夫
脚本 熊谷達文細野辰興
企画 武内健
撮影 佐光朗
音楽 籔中博章
美術 丸尾知行
編集 井上治
録音 中村雅光
助監督 佐藤公俊
照明 田村文彦

キャスト

待田金太郎 永島敏行
待田櫻子 川名莉子
佐々木 鴈龍太郎
生駒 犬塚弘
矢野 島木譲二
辻本 高橋明
吉村 田口トモロヲ
寺田和信
今野 山上賢治
浜田 南方英二
山内 山之内幸夫
安岡 帯谷孝史
優子 小町ゆき
尾上さと 絵沢萠子
紀子 松江ようこ
美智子 森下佳子
啓子 タイヘイ夢路
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 売春暴力団