映画-Movie Walker > 作品を探す > 映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記

小惑星に作ったおもちゃの街を舞台に、おなじみドラえもんとのび太たちが活躍するジュブナイル・アニメーションの第18弾。監督は「忍たま乱太郎」で総監督を務めた芝山努。脚本は96年に亡くなった原作者の藤子・F・不二雄が前作「ドラえもん のび太と銀河超特急」に引き続き執筆し、これが遺作となった。

2/5
総評価数 10
レビュー 0
投票 10
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (6)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ドラえもんが持っていた22世紀の福引きの外れ券で美しい小惑星を手に入れたのび太は、生命のネジを使って、しずかちゃんたちとそこにおもちゃの街“ねじ巻き都市”を作ることにした。ところが、エッグハウスで育てていたおもちゃのブタのピーブが、落雷の影響で突然進化を開始する。ほかのおもちゃたちの指導者となったピーブは、やがて自分たちの手で街の建設を始めた。一方その頃、脱走中の凶悪犯・熊虎鬼五郎がねじ巻き都市に紛れ込んでいた。鬼五郎はエッグハウスで自分のコピーを作ると、ジャイアンが見つけた金塊を狙って山奥の湖に向かう。しかし、それは金塊ではなく形を自在に変えられる金色の怪物だったのだ。ドラえもんの不思議な力を知った鬼五郎は、ドラえもんを利用して怪物を退治させようとする。ところが、実はその怪物は、この小惑星に命を与えた“種まく者”であったことがのび太によって判明した。種まく者からこの星を楽園にするように言われたのび太は、おもちゃたちと力を合わせて、街を征服しようとする鬼五郎たちに戦いを挑み、見事勝利を収める。こうしてねじ巻き都市の平和は取り戻され、街をピーブたちに委ねたのび太たちは地球へ戻っていった。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 芝山努
製作総指揮 藤子・F・不二雄
プロデューサー 山田俊秀木村純一梶淳
監修 楠部大吉郎
原作 藤子・F・不二雄
脚色 藤子・F・不二雄
作画監督 富永貞義
撮影 梅田俊之
特殊撮影 渡辺由利夫
音楽 菊池俊輔
矢沢永吉山野さと子
美術 森元茂
編集 岡安肇
録音 浦上靖夫
効果 柏原満
CG 野中和実
制作デスク 市川芳彦大沢正享

キャスト

ドラえもん(声) 大山のぶ代
のび太(声) 小原乃梨子
熊虎鬼五郎(声) 内海賢二
ホクロ(声) 松尾銀三
ピーブ(声) 佐々木望
プピー(声) 白川澄子
しずか(声) 野村道子
スネ夫(声) 肝付兼太
ジャイアン(声) たてかべ和也
ママ(声) 千々松幸子
パパ(声) 中庸助
種まく者(少年)(声) 伊倉一恵
種まく者(魔人)(声) 渡部猛
アイン・モタイン(声) 菅原正志
トーマス・メーエジソン(声) 塩沢兼人
ウッキー(声) よこざわけい子
パンダ(声) 青木和代
ティラ(声) 茶風林
熊虎コピー(声) 広瀬正志
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記