映画-Movie Walker > 作品を探す > 激情の断崖

リチャード・D・ブラックモア作の英国古典の映画化で、「ヴァレンチノ」のエドワード・スモールが製作したテクニカラー1951年作品。脚色は「サムソンとデリラ」のジェシー・L・ラスキー・ジュニアリチャード・スカイヤー、潤色はジョージ・ブルース。「荒原の死闘」のフィル・カールソンが監督に当たった。撮影はチャールズ・ヴァン・エンジャー、作曲はジョージ・ダニングの担当。主演は「ジョルスン再び歌う」のバーバラ・ヘイルと「永遠のアンバー」のリチャード・グリーンで、カール・ベントン・リードウィリアム・ビショップロン・ランデル(「カルメン(1948)」)、シーン・マックロリー、オンスロー・スティーヴンスらが助演する。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1674年、英国サマセット州エクスムアは物情騒然としていた。少年ジョン・リッドは、父をドーン家のものに殺され、復讐することを誓った。ジョンは、ドーン家の城主エンサー卿に会おうとして断崖をよじのぼり、気絶してエンサーの孫娘ローナに看護された。そこへローナのいとこカーヴァーが現われ、2人の少年は格闘をはじめ、このときから生涯、対立をつづける仲となった。歳月は流れて、成長したジョン(リチャード・グリーン)は祖国のため戦争に参加して故郷へ帰ってみると、カーヴァー(ウィリアム・ビショップ)が無法を行なっており、それに逆らったジョンは鞭打たれた。そこへ通りかかったのは美しく成長したローナ(バーバラ・ヘイル)だった。ジョンは村人を集め、ドーン家の城を襲って武器の略奪をはじめ、ドーン家の城塞を襲撃する準備を進めた。襲撃の日、ジョンはまず単身城に忍び入り、ローナを連れだそうとするが、彼女はカーヴァーと結婚することになっていた。翌日、ジョンは国王のもとに助力を仰ぎに行き、兵を差し向けることを許可された。ジョンは龍騎兵と共にドーン城に行くと、カーヴァーとローナの結婚式が行なわれようとしていた。ジョンはローナを連れだし、龍騎兵の一隊によってドーン家のものは滅ぼされたが、カーヴァーは逃げ去ってしまった。晴れてジョンとローナの結婚式に、ローナはカーヴァーの兇弾に倒れた。ジョンとカーヴァーは死闘の後、ついにカーヴァーは殺された。ジョンはローナの回復を一途に祈りつづけた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Lorna Doone
製作年 1951年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア日本支社
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 激情の断崖