映画-Movie Walker > 作品を探す > 傷だらけの天使(1997)

ケチな探偵コンビが繰り広げる義理と人情の旅を、コミカルに描いたロードムービー。監督は「ビリケン」の阪本順治。脚本は往年のTVシリーズ『傷だらけの天使』のキャラクターをもとに、「のぞき屋」の丸山昇一が執筆。撮影を「ユメノ銀河」の笠松則通が担当している。主演は「八つ墓村(1977)」の豊川悦司と「あの夏、いちばん静かな海。」の真木蔵人

4/5
[?]評価方法について
総評価数 4
レビュー 1
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 50% (1)
星4つ 50% (1)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

満と久は、行き当たりばったりの生活を送る探偵コンビ。久に愛想を尽かされ、とうとう事務所をたたむことになった満は、足立から最後の仕事を受け、シャブ絡みの調査のためにある雑居ビルに潜入する。ところが、そこでヤクザに襲われて瀕死の状態の倉井という男に出会ったことから、彼の幼い息子の蛍を別れた妻の元に届けることになってしまった。お人好しの満は蛍を連れて、一路岩手県宮古へと向かう。しかし、母親は青森に引っ越してしまった後で、ふたりは途中で合流した久とともに青森へ向かった。だが、ようやく会えた満の母・和江は、別の男との結婚を控えていて、蛍を引き取ることはできないと言う。いたたまれなくなった満と久は、蛍を父方の祖父が住む七戸へ連れていき、引き取ってもらうことにした。ひと仕事を終え、満と久は東京に戻ろうとするが、満は自分が一緒にいては迷惑がかかると、自ら久と別れることを決意する。その後、満は青森で知り合った東京の化粧品講習のインストラクターの英子と再会した。仕事にプライドを持っているキャリアウーマンの英子に、満はハートを熱くさせたが、その一方で恋愛に傷つき、いつまでもそれを引きずっている自分を変えようとしている彼女の気持ちを知り、また東京で会うことを約束して別れる。満のことが忘れられず、またしても彼を追ってきた久と一緒に、満は東京へ戻ることにしたが、その途中、満は倉井を襲ったヤクザの殺し屋に襲われてしまう。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 松竹=松竹富士
上映時間 118
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 阪本順治
製作 木村政雄阿部義高中川滋弘
プロデューサー 椎井友紀子
脚本 丸山昇一
企画 中沢敏明
撮影 笠松則通
衣裳デザイン ワードローブ
音楽 井上尭之
音楽プロデュース ラサポイント
主題歌 井上尭之
美術 金勝浩一
編集 深野俊英
録音 志満順一
スクリプター 今村治子
スチール ジェフリー・ジョンソン
音響効果 船橋利一
助監督 井川浩哉
照明 豊見山明長
調音 多良政司
衣裳 宮本まさ江

キャスト

木田満 豊川悦司
石井久 真木蔵人
立花英子 原田知世
倉井蛍 類家大地
倉井錠治 菅原文太
倉井拓也 三浦友和
足立源太 宇崎竜童
中津和江 余貴美子
大島正次 杉本哲太
サスケ(保) ザ・グレート・サスケ
中津佳乃 町田澄子
牧場長 麿赤児
東山一郎 趙方豪
プロレスラー 新崎人生
プロレスラー グラン浜田
プロレスラー スペル・デルフィン
プロレスラー 篠塚誠一郎
判子屋主人 山屋盛三
居酒屋マスター 長谷川直行
桜木 木村勝一
理容師 坂本伊左夫

レビュー

かっこ悪いことはなんてかっこいいんだろう

投稿者:ひらたいら69

(投稿日:2007/06/10)

当時の人気ドラマのタイトルだけいただいた、まったく別キャスト…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 傷だらけの天使(1997)