映画-Movie Walker > 作品を探す > 狼の眼

23年ぶりの兄との再会によって、眠っていた野性の血に目覚める青年の姿を描いたハードボイルド。監督は「シャブ極道」の細野辰興。撮影を「極道戦国志 不動」の山本英夫が担当している。主演は「ゲレンデがとけるほど恋したい。」の鈴木一真

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ゴルフ場の開発をめぐって推進派と反対派が対立している小さな町で、肉親のいない亮は、小さなスナックの雇われマスターをしてひっそりと暮らしていた。ある日、彼は百合子という女を助けたことから、彼女を従業員として雇うことになるが、しばらくして、彼女には妙な行動が見うけられるようになる。どうやら、店の客に体を売っているらしいのだ。百合子に秘かな愛情を感じていた亮は、彼女に売春をやめるよう説得する。その頃、ひとりのアル中の男が町にやってきた。ゴルフ場推進派から反対派潰しを依頼された暴力団・浜崎興業が呼び寄せた“仕事屋”で、かつての百合子のヒモだった男である。だが、その男を見た瞬間、亮は彼が幼い頃に生き別れた兄の勝であることに気づいた。23年ぶりの再会に、初めはぎこちなく接するふたりも、やがて兄弟の絆を取り戻していく。ところが、いつまで経っても仕事をしない勝に業を煮やした浜崎興業が、汚職刑事を使って反対派連中に勝を殺させた。いまわの際、勝は実父がどうしようもないヤクザ者で自分が殺してやったこと、母が他の男と出ていったことなどを亮に話してやる。自分の過去を知った亮は、眠っていた野性の血が目覚めていくのを感じ、単身浜崎興業に乗り込むと、母を連れていった男であった浜崎を殺した。そして、百合子とふたりで、家族の想い出の湖に兄の骨を沈めた亮は、百合子のおなかの中に宿った兄の子を幸せにすると誓う。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 ゼアリズ=タキコーポレーション
上映時間 109
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 細野辰興
製作 吉田晴彦甲斐真樹鎌田賢一
原作 吉川潮
脚本 細野辰興秀島康夫
撮影 山本英夫
音楽 藪中博章
美術 高桑道明
編集 鈴木歓
録音 井家眞紀夫
スクリプター 津崎昭子
スチール 奥川彰
助監督 佐藤公俊
照明 金沢正夫
整音 山本逸美
衣裳 古藤博森田流水

キャスト

石津(村木)亮 鈴木一真
荒木(村木)勝 大和武士
青木百合子 片岡礼子
寺島進
浜崎 金守珍
内藤廣一郎 千波丈太郎
佐藤刑事 矢島健一
田中英子 速水典子
石川 高杉健太郎
反対派 野口雅弘
反対派 泉類享
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 狼の眼