映画-Movie Walker > 作品を探す > 哀愁のサーキット

秒速に命をかけるプロレーサーと、芸能界に生きる女性歌手との悲恋、そこには運命のいたずらがあった……。脚本は古屋和彦、監督は脚本も執筆している「官能地帯 哀しみの女街」の村川透、撮影は「OL日記 牝猫の情事」の姫田真左久がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

満田和郎はプロレーサーとして、今や、若者のアイドル的存在であった。ある日、和郎は、朝焼けに染まった渚で、歌手の榊ナオミが、自分のレコードを海へ投げ込んでいるのに出会う。翌日、知り合いの哲也から、和郎に電話がかかってきた。オートバイで勝負をして、和郎が勝てば、哲也の恋人の洋子を抱かせ、哲也が勝てぱ和郎の愛車をもらうというのである。和郎は心よく挑戦を受け、無謀のようなレースが始まった。が、結果は和郎が勝ち、意気揚楊と洋子をマンションへ連れ帰った。数日後、小さな公園で和郎はふたたびナオミに会った。二人は顔を見合せて笑った。どちからともなく二人は手を結んだ。広場、地下街、動物園、デパート、二人は、とりとめもなく歩いた。タ暮れの道を、二人を乗せた和郎のスティグレイは心地よさそうに走っていた。タ陽に映えた浜辺で、和郎は何を思ったのか、ライフル銃を持ち出すと、ナオミに握らせ「これで怒りをこめて俺を射て!」と叫んだ。彼の気持ちを計りかねて、躊躇していた彼女だったが、彼の強い語気に負け引きがねをひいた。轟音がして和郎は倒れる。しかし、それは和郎の演技だったのである。その夜、二人は渚のホテルに泊った。数日が夢のように過ぎて、二人は東京へ帰った。失踪していた彼女を芸能記者たちが、彼女に失踪時のことを聞いた。「海は女の涙じゃないかと思いました」とだけ答えるナオミ。数日後、ナオミは彼女のヒット曲となった“海は女の涙”を歌うステージののそぱで、和郎がレース事故で死んだことを知った。“海は女の涙”を唄う彼女の眼にキラリと涙が光った。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1972年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 69
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 村川透
脚本 村川透古屋和彦
企画 三浦朗
撮影 姫田真佐久
音楽 樋口康雄
美術 菊川芳江
編集 井上親弥
録音 福島信雄
スチール 浅石靖
助監督 中川好久
照明 川島晴雄

キャスト

滝田和郎 峰岸隆之介
榊ナオミ 木山佳
哲也 日高悟郎
オートバイの男 粟津號
アベックの女 小森道子
モデル 青山美代子
モデル 戸塚あけみ
劇団の女 絵沢萠子
ダンサー 殿岡ハツエ
歌手 石川セリ
洋子 槇摩耶
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 哀愁のサーキット