映画-Movie Walker > 作品を探す > 剣侠時代

「スカラムーシュ」「シー・ホーク」等と同じくラファエル・サバティニ氏の書いた歴史小説を、ドロシー・ファーナム女史とキング・ヴィダー氏とが脚色し、それを「半人半獣の妻」「ビッグ・パレード」「ラ・ボエーム」と同じくキング・ヴィダー氏が監督し、ジョン・ギルバート氏が主演したものである。相手役は「半人半獣の妻」「惑溺の十字街」等出演のエリナー・ボードマン嬢で、「明眸罪あり」「ラ・ボエーム」等のロイ・ダルシー氏、「女房いぬ間に」等のジョージ・K・アーサー氏、「ビッグ・パレード」「真紅の文字」のカール・デーン氏、その他シオドア・フォン・エルツ氏、エドワード・コネリー氏、ライオネル・ベルモア氏、エミリー・フィッツローイ嬢、アーサー・ルービン氏、エミール・ショータール氏、なども出演しているという大した顔振れである。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

仏王ルイ13世は、臣下シャテルローを使わしてラヴダンのロクサランヌ姫の手を乞はしめた。これはこの結婚を成立たしめることによって姫の持つ莫大な財産を己が国に納め、併せて姫の父ラヴダンの伯爵を巳が味方となす所存からであった。が、シャテルローが、とても及び難きことを仏王に復命した時に、バルドリスは進み出て3ケ月以内に姫の心を捕えて見せると広言し、シャテルローに巳が領地全部を賭けての約束を結んだ。斯して、バルドリスはラヴダンの邸への途次、道に刺されたルネ・ド・レスペロンの瀕死の際に行きあった。レスペロンに変装してバルドリスは宿を求めたが、このレスペロンは叛逆者としてお尋ねものであったため、人々に追われ、バルドリスはラヴダンの邸に逃げ込む。ゆくりなくそこで彼はロクサランヌと顔を合せる。そして2人は互に恋し合う。が、姫のも1人の求婚者サン・テュースタシュは、姫にレスペロンこそはメルサク姫と婚約ある仲と告げる。そしてレスペロンと名のったばかりにバルドリスは獄に繋がれる身となった。彼はその身許を知られているトゥールーズに於て裁かれることを拒んだので、シャテルローによって裁かれることとなった。が、シャテルローは彼をば見知らぬ体を装って絞首の罪に当たると言い渡した。そして彼は絞首台にひかれて行った。時に仏王の行列が近づいた。斯くと見てバルドリスは最後の勇を振って死地を脱し王の救命を得た。その間、ロクサランヌはバルドリスの命助けたいばかりにシャテルローと結婚していた。バルドリスはシャテルローと決闘して彼を斃した。そしてバルドリスと姫とは王の祝福を得てかわらざる愛を誓った。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Bardelys The Magnificent
製作年 1926年
製作国 アメリカ
配給 ヤマニ洋行
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 剣侠時代

ムービーウォーカー 上へ戻る