映画-Movie Walker > 作品を探す > 刑事マディガン

リチャード・ダワティの小説『コミッショナー』を、ヘンリー・シムーンエイブラハム・ポロンスキーが脚色、「殺人者たち」のドン・シーゲルが監督したハードボイルド・アクション。撮影は「誇り高き戦場」のラッセル・メティ、音楽は「ジェリコ」のドン・コスタが担当した。出演は「大西部への道」のリチャード・ウィドマーク、「テキサスの五人の仲間」のヘンリー・フォンダ、「プレイラブ48章」のインガー・スティーヴンス、カナダ生まれの新星スーザン・クラークほか。製作はフランク・P・ローゼンバーグ

4/5
総評価数 9
レビュー 1
投票 8
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (2)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マディガン(リチャード・ウィドマーク)とロコ・ボナーロは、スパニッシュ・ハーレム地区第23分署の敏腕刑事である。ある日2人は、ブルックリン地区の、名うてのやくざ、ベネシュのアパートに踏みこんだが、ちょっとしたすきに逃げられてしまい、そのあげく、拳銃をも、奪われてしまった。署に帰った2人は、逃げたペネシュが殺人容疑者だと聞かされ驚いたが、それ以上に気になったのは、奪った拳銃を使ってベネシュが第2、第3の殺人を続けやしないか、ということだった。ところでマディガン刑事は、常に仕事第1の男で、そのために妻のジュリア(インガー・スティーヴンス)は、いつも不満だらけだった。一方、警視総監のラッセル(ヘンリー・フォンダ)は、マディガンの失敗に頭をかかえたものの、自分にも、いろいろと面倒な問題がふりかかっていた。というのは、彼の親友ケイン警部が売春汚職にまきこまれたり、関係をもつ上流夫人から別れ話を持ち出されたり、黒人指導で高名な牧師から抗議されるなど、悩みはつきなかった。マディガンと、ロコは、72時間以内にベネシュを逮捕せよ、との厳命を受けた。2人は躍起になって聞きこみを始めた。妻ジュリアの不満が爆発点に達していると悟ったマディガンは勤務中ではあったが、彼女を連れて警察官のパーティーに行った。だが、それとほとんど時を同じくして、街頭でベネシュを発見した2人の警官が彼に射たれた。1人は即死、もう1人は重傷だった。しかもベネシュの凶器はマディガンから奪ったものだった。必死の聞きこみでベネシュの隠れ家が分かった。多数の警官が非常線をはり、マディガンとロコが踏みこんだ。体当たりで室内に入ろうとした時、マディガンはベネシュの弾をうけて倒れた。その時ロコの拳銃がベネシュの胸へ。ベネシュが倒れたことを聞いたマディガンは救急車の中で息をひきとった。彼は最後まで妻のジュリアに心を残していた。ラッセル総監が彼女を慰めようとしたが、彼女は総監を人殺しと呼んで痛罵し、夫のマディガンを返せ、と叫ぶのだった。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 Madigan
製作年 1967年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

レビュー

ハードボイルド映画の傑作

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/8/24)

 ハリウッド映画での正統派ヒーローではなかったリチャード・ウ…

[続きを読む]

支持者:5人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 刑事マディガン