映画-Movie Walker > 作品を探す > 母(1948)

「オリオン星座」「三面鏡の恐怖」の中代富士男企画。脚本は「面影」「三百六十五夜(1948)」等東宝で書続けて来た館岡謙之助、監督は「初恋物語(1947)」の小石栄一。主演は「山猫令嬢」のコンビ三益愛子・三條美紀。新人若原芳子が出演する。製作タイトル「濁流を泳ぐ女」。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

青春をいためられた女学生圭子が夜の街に落ちて来た。手痛い仲間のジンギで身も心も痛みつけられた彼女に、やさしい言葉をかけてくれた一人の女があった。顔役でオアシスというスタンドのマダムおマキであった。彼女にも圭子と同じ位のめいがあった。明枝といって女子英語塾の四年生だった。おマキは月に一度身寄りのないめいを訪れて、慰めてやるのを唯一の楽しみとしていた--。がこうした日も永くは続かなかった。おマキの前の情夫国三がフトした機縁から現れたのだった。国三は何かをタテにおマキに言寄った「三万円ビタ一文かかさずに出せ」としつこい国三と争う中誤って川に落としてしまった。横浜で進駐軍の家政婦をしていると偽っていた真相は翌朝の新聞で、明枝の前にさらされた。彼女と未来を誓合っていた宮沢という英語塾の教師の前で彼女は打ちくだかれた様に泣崩れた。しかし圭子が国三とおマキの密会談を聞いていておマキを救った。圭子と明枝は同級生であったのだ。圭子に事実をきいた明枝は雄々しく真の母のために弁護台に立った。執行猶予になったおマキに宮沢は母として家に来るようにいった。だが「私の様な薄倖な女を救うために」といってラク町に帰って行くのだった。圭子も与太者から更生した銀二と彼女を迎えてくれていた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1948年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 78
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 母(1948)