映画-Movie Walker > 作品を探す > 無能の人

多摩川の河原で石を売る男とその家族を中心に、現代社会から落ちこぼれた人々をユーモラスかつ暖かく描くドラマ。つげ義春原作の同名漫画の映画化で、脚本は「われに撃つ用意あり」の丸内敏治が執筆。監督は本作が第一回作品となる俳優の竹中直人。撮影は「さわこの恋」の佐々木原保志がそれぞれ担当。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 8
レビュー 3
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 50% (2)
星4つ 50% (2)
星3つ 100% (4)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

多摩川で拾った石を売る助川助三。かつては漫画家として名をなしたこともあったが、時流に乗り遅れ、数々の商売に失敗した結果、思いついたのが元手のかからない石を売るという商売だった。来年は小学校に入る一人息子の三助を連れて妻・モモ子が団地を回るチラシ配りだけが一家の収入源である。ある日、石の愛好家の専門誌を読んだ助川は、素人でも参加できる石のオークションが行われていることを知り、主催者の石山とその妻のたつ子と出会う。久しぶりにあった漫画の依頼も断り、遠く山梨まで出掛けて採石した石を抱え、期待を胸に助川はオークションに参加するが、参加者は老人ばかりで活気がない。いよいよ助川の石がセリにかけられるが期待に反して、石が売れなかったばかりか、余計な出費がかさんでしまうのだった。それによって再び気まずくなる助川夫婦。助川は再びペンを取り、漫画を描き始めるが、どこも採用してくれず、彼は再び石屋を始め、繁盛させるために川を越えた競輪場の客をねらって自ら客を背負って渡し舟を開業。モモ子はそんな彼に愛想を尽かしてしまうのだった。翌日、河原は競輪の開催日とあって賑わい、助川の前にたつ子が現れ「店をたたんで二人で甲州で暮らさないか」と言う。助川はそれを振り切るかのように商売を続けるが、その時、たつ子は他の客を押しのけて助川におぶさり、彼はそのまま川を渡った。好奇の目を向ける河原の人々。その中に今にも泣きそうな顔をした三助の姿があった。そして、そんな助川を迎えにいく三助とモモ子。助川はふたりの手を取り、家路へと向かうのだった。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 1991年
製作国 日本
配給 松竹富士
上映時間 107
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 竹中直人
製作 中沢敏明関根正明
プロデューサー 市山尚三吉田浩二
原作 つげ義春
脚本 丸内敏治
企画 中川好久
撮影 佐々木原保志
総合プロデュース 奥山和由
音楽 GONTITI
美術 斉藤岩男
編集 奥原好幸
録音 北村峰晴
スチール 竹内健二
助監督 松本泰生
照明 安河内央之
製作協力 SEDIC

キャスト

助川助三 竹中直人
妻・モモ子 風吹ジュン
息子・三助 三東康太郎
石山たつ子 山口美也子
石山石雲 マルセ太郎
山川軽石 神戸浩
鳥男 神戸辰巳
編集者・佐藤 いとうせいこう
古本屋・暗原 大杉漣
初老の警官 草薙幸二郎
散歩の紳士 須賀不二男
散歩の婦人 久我美子
田舎宿の老婆 野村昭子
暗原の妻・サダ 船場牡丹
高層ビルの浮浪者 原田芳雄
サングラスの男 三浦友和

レビュー

GONTITI

投稿者:kukubloom

(投稿日:2008/03/16)

GONTITI(ゴンチチ)の楽曲が元々好き。 この作品の堪…

[続きを読む]

支持者:1人

無償の愛とその真実

投稿者:佃の旦那

(投稿日:2008/01/30)

つげ義春の原作を忠実に再現することにこだわり大変に内容エピソ…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 無能の人