映画-Movie Walker > 作品を探す > あさき夢みし

十三世紀後半王朝の挽歌が貴族たちの胸を掠める時、宮廷の後宮に生きた一人の女性の愛欲、人間としてのめざめ、そして自由を求めての出家を描く。脚本は詩人の大岡信、監督は「哥」の実相寺昭雄、撮影は中堀正夫がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 4
レビュー 2
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (2)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

十三世紀後半、都は後嵯峨法皇院政の時代。法皇の皇子後深草天皇は、既に帝位を弟の亀山天皇にゆずり、富小路殿に仙洞御所をいとなんでいた。二十歳半ばにして世捨人に等しかったわけである。この院には四条という寵愛する一人の女房がいた。四条はある貴族の家に生まれたが、四歳の時から上皇のもとで育てられ、十代半ばになった時、自らの愛人として仙洞御所に迎え入れた。しかし四条には愛人ができる。かねてから四条を愛している霧の暁(西園寺大納言)、執拗に迫ってついには四条を我ものとする真言密教の高徳の僧阿闍梨(上皇の異腹の弟)である。四条はこれらの男たちの愛を受け、それぞれの子供を生むが、全て彼女の手から奪い取られてしまう。彼女は宮廷社会の美しいもてあそびものとしての、自らのはかない存在を自覚せざるを得なかった。ただ一人、始めは四条を恐怖させ、次第にその荒々しい情熱が彼女の心をとらえるに至ったのは阿闍梨だが、彼は流行病であっけなく死んでしまった。やがて、幼い頃から西行絵巻を好んで眺め、西行のように生きたいと願っていた四条は、自由を求めて出家した。天台、真言の貴族的仏教の世界ではなく、遊行放浪していく踊念仏の世界に対する憧れを持つ四条は、みごとな腕前の画や書、また連歌などを道中の資として、待女目井とともに諸国をめぐって歩いた。数奇を日々の糧とし、真実の愛の荒々しい爆発を抑え、風雅の、あるいはまた政治の世界に没頭している男たちから身をふりほどいて、四条は厳島、熊野、その他日本各地を歩きまわった。王朝の幻影がくずれ去った後の、武士が支配する新しい社会の中で、彼女は目井とも別れて、一人の尼絵師として闊達に生きてゆく。彼女の生んだ娘は、今の帝の娘で高名な歌人となっているらしい。しかし、四条はただ一人、今日も街道の砂埃をまきあげながら歩いている。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Asaki Yumemishi
製作年 1974年
製作国 日本
配給 ATG
上映時間 120
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 実相寺昭雄
製作 東條あきら
脚本 大岡信
企画 葛井欣士郎
撮影 中堀正夫
音楽 広瀬量平
美術 池谷仙克
編集 浦岡敬一
録音 杉崎喬
スチル 上野尭
助監督 佐藤静雄
照明 牛場賢二

キャスト

四条 ジャネット八田
御所 花ノ本寿
霧の暁 寺田農
阿闍梨 岸田森
大宮院 丹阿弥谷津子
目井 原知佐子
和歌 高橋みどり
前斉官 三条泰子
近衛大殿 東野孝彦
村松克巳
家司 広瀬昌助
武士 樋浦勉
武士 平泉征
庶民男 大木正司
庶民男 篠田三郎
善勝寺大納言 小松方正
為家 古今亭志ん朝
万里小路 天田俊明
三条坊門 奥村公延
遊女 殿岡ハツエ
観世栄夫
富豪 渡辺文雄
富豪の妻 堀井永子
下男 松下照夫
平二郎左衛門 毒蝮三太夫
家来 古川義範
庵主 白石奈緒美
金内喜久夫
稚児 高野浩幸
警護の武士 柴俊夫
斉宮の女官 香川麻巳

レビュー

えいもせず

投稿者:うろ

(投稿日:2009/12/2)

実相寺監督の遺品が寄贈されている川崎市民ミュージアムで、 …

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > あさき夢みし