TOP > 上映中の映画作品を探す > 黒い牝豹M

大都会に巣くう暴力団内部の抗争事件に暗躍する、女殺し屋・Mの活躍を描くアクション映画。脚本は「OL日記 濡れた札束」の宮下教雄と、中島紘一、監督は「セックス・ライダー 傷だらけの欲情」の蔵原惟二、撮影は「実録エロ事師たち」の畠中照夫がそれぞれ担当。

1/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

横浜、ここでは関西の広域暴力団・国栄会の横浜支部の看板を掲げている速水興業が着々と勢力を広げ、幅を利かしていた。ある日、共栄会の中田が速水興業の社長・速水を訪ねてきた。速水と中田は共謀して、国栄会への上納金をごまかして来たのだが、会長がその事に気づいたために、中田は手を引きたいと言うのだった。だが、納得しない速水は中田を殺し、この機会に国栄会とも決着をつける決心をする。これら全てを遠くから見ている女がいた。読唇術と拳術に秀れた「M」と呼ばれる女殺し屋である。Mは会長から、中田と速水を殺すべく派遣されたのだ。中田を自らの手を下すまでもなくすんだMは、次に速水を狙うが、逆に三人のボディガードに掴まり、無理矢理抱かれてしまう。だが、その時、Mの細い指が男の喉元に食い込み、骨の砕ける鈍い音がした。これが幻の流派、多良間流空手の必殺拳である。一方、速水は、Mを捕えようと、ゴルフ場に出かけ、自分の替え玉と入れ替った。Mはその罠にまんまと引っかかり、囮を殺してしまった。替え玉と気がついたMが一瞬あわてた隙を狙って、ボディーガードたちが襲いかかる。激しい格闘の末、Mは相手を倒すが、自からも深手を負ってしまった。ある公園で、傷のために衰弱して倒れていたMを、自分の家に連れていき、手厚く看護したのは、以前、車に轢かれそうになったのをMに助けられた娘むつみの母和子だった。だが、和子の夫は速水だった……。

作品データ

製作年 1974年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 74
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 松岡明伊地智啓
企画 五味春雄
脚本 宮下教雄中島紘一
監督 蔵原惟二
撮影 畠中照夫
音楽 小沢典仁
美術 川船国彦
録音 古山恒夫
照明 岡田菊雄
スチール 浅石靖
編集 鈴木晄
助監督 浅田真男

キャスト

池玲子
速水 成田三樹夫
和子 森秋子
むつみ 川鍋智香
川島 今井健二
高橋明
犬上 溝口舜亮
玉井 木島一郎
速水の配下 北上忠行
速水の配下 佐藤了一
速水の配下 谷文太
中田 石橋雅史
マネージャー 桂小かん
あけみ 森みどり
若い女 岡みちる
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 黒い牝豹M