TOP > 上映中の映画作品を探す > (秘)弁天御開帳

色好みの殿さまが連れて来たフーテン娘が捲き起こす騒動を描く艶笑喜劇。脚本は「艶説女侠伝 お万乱れ肌」の田中陽造、監督は「極楽坊主」の武田一成、撮影は「妻三人 狂乱の夜」の荻原憲治がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある地方の大名、赤井御門守は一年ぶりの帰国だったが、家臣一同は御門守が連れて来たふーてんのお紺を見て仰天した。御門守はお紺の父が博奕でスッた時、彼女をセリ落したのである。御門守は、家老の三太夫の意見にも、正妻の由良の方の嫉妬にもまるで無関心。やがて御門守は家臣たちを集め、江戸で覚えた“丁・半勝負”を始めた。壺振りは勿論お紺である。そしてお紺の立膝スタイルに幻惑された家臣たちはどんどん負けていった。御門守のお紺に対する熱の入れ方は日に日に激しくなっていった。ところがある日、お紺が目を覚ますと御門守が何者かに殺されていた。当然、お紺が取調べを受け、男関係を白状させられた。家老の三太夫、小姓の金弥、医者の道庵の名が挙げられたが全員が無実と判明。そんなある日、お紺の傍へ忍び寄った男を三太夫が掴まえた。その男は東郷力丸といって、由良の方の密通の相手であったが、御門守に発見されてしまい、殺害したというのであった。

作品データ

製作年 1972年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 70
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 三浦朗
脚本 田中陽造
監督 武田一成
撮影 荻原憲治
音楽 奥沢散策
美術 柳生一夫
録音 古山恒夫
照明 小林秀之
スチール 井本俊康
編集 辻井正則
助監督 八巻晶彦

キャスト

ふーてんのお紺 潤まり子
赤井御門守 林家九蔵
奥方由良 二条朱実
お紺の親爺 谷村昌彦
田中三太夫 三島一郎
花川助六 小見山玉樹
五木主水 粟津號
高倉健助 氷室政司
東郷力丸 弾力也
張形武蔵 丹古母鬼馬二
畑の女 水城マコ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > (秘)弁天御開帳