映画-Movie Walker > 作品を探す > 東京の夜は泣いている

柳川創造大野康豊橋野芝夫の共同脚本を、「風流滑稽譚 仙人部落」の曲谷守平が監督した歌謡メロドラマ。「恋愛ズバリ講座」の山中晋が撮影した。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

夏江はナイト・クラブ「エスクワイア」で歌っての帰り、暗い河端で与太者に因縁つけられて困っているところを滝正哉に救われた。夏江は妹の由紀を音楽学校に通わせるため、死んだ父の友人である代議士田宮の世話になっていた。彼女はあの日滝が落した定期入れを届けた。夏江は滝が忘れられなくなっていた。だが、由紀が積極的に彼に近づいた。夏江がテレビに出演できるようになった。滝建設とは商売仇の須藤興業の須藤が田宮に頼まれて工作したからだ。須藤は田宮を動かし、榛名山のケーブル工事を請負うつもりだった。須藤が田宮に二百万円渡したらしいと聞いた滝の父親は現地に行ったが死体となって発見された。由紀は夏江と喧嘩して家出した。その夜、夏江は料亭「竹むら」で田宮に抱かれた。「竹むら」の女将みすずも、須藤が改築費を出してやるというので、彼に身を任せた。由紀は滝の友人である新聞記者の瀬川から滝の父親の死をめぐる汚職を知り、恋人の父を殺した田宮と須藤に関係がある夏江と紀州へ旅行した。みすずも「竹むら」をやめる決心をした。帰京した夏江は田宮に別れたいと言った。滝はタイに招かれた。夏江は由紀をせきたて羽田へ発たせた。田宮の逮捕は目前となった。滝と由紀は祝福されて発った。その夜、夏江はただ一人滝と始めて会った河端を歩くのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 81
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 曲谷守平
原案 川内康範
脚本 柳川創造大野康豊橋野芝夫
企画 岡本良介
撮影 山中晋
音楽 吉田正
美術 朝生治男
録音 鈴木勇
スチル 米田信行
照明 秋山清幸

キャスト

穂積夏江 松尾和子
夏江の妹由紀 水原ユカ
お女将みすず 若杉嘉津子
滝正哉 宇津井健
滝正哉の父正人 中村彰
滝正哉の母菊子 三宅邦子
代議士田宮謙造 龍崎一郎
須藤 江見俊太郎
水野美也子 三条魔子
記者瀬川 鈴木信二
滝建設社員森村 倉橋宏明
滝建設社員酒田 高松政雄
バーテン塚本 川部修詩
ホステスさゆり 水上恵子
さゆりの子供俊子 花園みゆき
女中うめ 美舟洋子
オートバイの男A 西一樹
オートバイの男B 高村洋三
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 東京の夜は泣いている