TOP > 上映中の映画作品を探す > お母さんの結婚

日映の劇映画製作第一回作品。法大、立大の仏文学講師池田和夫が東宝の脚本第一期生としてはじめて書いたオリジナル・シナリオによって「嫁ぐ今宵に」の齋藤達雄が二度目のメガフォンをとっている。撮影はニュース・カメラの白井茂、音楽も映画に初登場の中田喜直(芥川也寸志と同期)である。「愛情について」の二本柳寛藤原釜足千石規子、「母と娘(1953)」の坪内美子、の英百合子、また「嫁ぐ今宵に」の子役加島春美、斎藤監督の姪の小林すみ子などが出演している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

健一にはお父さんがいない。だから彼の仲好しは同じく母子家庭のエマと、親なしの仔犬である。ある日、犬の血統のことから子供同志の口喧嘩となり、健一はいないお父さんにみんなの前で電話をかけなければならなくなった。でたらめに廻すダイヤル--彼の目にくやし涙が湧こうとする。たまたまその電話の相手、つまり仮の父親となってくれたのが野田商事の課長岡田宏だった。彼は三十六才、妻と子を相次いで亡しているが、上役や同僚のすすめる再婚話には耳もかさない。しかし健一との交渉で彼はにわかにあたらしい生き甲斐を感じはじめた。その誕生日祝いにグローヴをおくったりする。いつか岡田と、健一の母澄江は健一を媒ちに暖かい愛の通うのをかんじあった。澄江の老父、額縁作りをなりわいとする留吉や母のたけ、そして妹の葉子も二人が結ばれることを願うのだったが、意外にも、今になって健一は独占してきた母の愛を岡田に奪われるような、一種の不安におそわれている。殊に北海道栄転のきまった岡田が澄江に求婚してからというもの、健一は母を奪いとる彼が憎らしいのである。澄江が家の者とも計って結婚承諾をしたと知ると、彼は悲しみに憑かれて家を遠く自転車を走らせ、いつか迷い子になって警察に保護される。澄江は岡田との結婚をあきらめる気になった。--岡田が札幌へ立つ朝。上野に見送りに出た澄江母子に、岡田は「いつまでも待ちますよ」という微笑をしてみせた。汽車が徐々に動き出し、やがて速度を加えてゆくにつれ、なぜか健一の面持が変っていった。突然彼は叫んだ「おとうさあん!」。澄江はふっとなみだを感じた。

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 66
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 中村正
脚本 池田和夫
監督 斎藤達雄
撮影 白井茂
音楽 中田喜直
美術 北川恵笥
照明 近藤兼太郎
録音 国島正男

キャスト

岡田宏 二本柳寛
北村澄江 坪内美子
澄江の子健一 加島春美
山田留吉 藤原釜足
山田たけ 英百合子
山田葉子 小林すみ子
タバコ屋の女房 武智豊子
タバコ屋の息子雄吉 柳谷寛
混血児エマ サディア・アルテンバイ
エマの祖父 斎藤達雄
松下のり子 千石規子
宏の上役 深見泰三
女事務員 小倉俊子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > お母さんの結婚