映画-Movie Walker > 作品を探す > BE-BOP-HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール(1994)

不良コンビ、ヒロシとトオルが天保工業の不良集団と戦う様子をハードに描く青春アクション。「週刊ヤングマガジン」(講談社・刊)に連載中の同名漫画を、Vシネマ「カルロス」で監督デビューした原作者のきうちかずひろ自身が監督したもので、以前の那須博之監督による「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズ(85~88年)とは装いも新たにバイオレンス色が全面に打ち出されたもの。脚本は「カルロス」の木内一雅、撮影は「カルロス」「リング・リング・リング 涙のチャンピオンベルト」の仙元誠三が担当。主演の2人はオーディションにより新人が選ばれた。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

立花商業の副番・ミノルの彼女・ミユキをめぐるトラブルがもとで、トオルはヒロシと間違えられて立花の番長・菊永らにヤキを入れられる。トオルやヒロシは仕返しをするため、菊永たちの溜まり場であるライブハウス「JB」に乗り込むが、そこに現れた天保工業の番長・ガチャピンや副番・朴(パク)らを田舎者呼ばわりしたことが発端となって、天保の徹底攻撃が始まった。次々と仲間が倒されていき、遂にヒロシも半殺しの目に会う。トオルは菊永と手を結び「JBグループ」を結成、天保勢に反撃を行うが、ガチャピンは菊永を脅して寝返らせる。他校のメンバーたちも次々にグループを抜け、孤立したトオルは逃げまどうが、ヒロシの挑発がきっかけで立ち直った。ヒロシはパクにタイマンを挑み、天保や立花勢に捕まってしまうが、単身彼を助けに乗り込んだトオルはガチャピンと激しいタイマンの末、彼を倒す。無敵の2人組がここに復活した。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1994年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 93
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 きうちかずひろ
製作 渡邊亮徳
プロデューサー 紫垣達郎
原作 きうちかずひろ
脚本 木内一雅
企画 黒澤満
企画協力 高橋尚子
撮影 仙元誠三
音楽 大谷和夫
音楽プロデューサー 高桑忠男
音楽監督 鈴木清司
ジェームス藤木
美術 今村力
編集 田中修
録音 曽我薫
スクリプター 勝原繁子
スチール 安保隆
助監督 鳥井邦男
照明 渡辺三雄

キャスト

中間徹 岸本祐二
加藤浩志 庄司哲郎
日高ミユキ 花嫁いづみ
菊永順一 家根本渉
郷ミノル 川守田政人
梶谷一 宮崎光倫
山崎りょう
羽田先生 成瀬正孝
山村先生 竹中直人

『ビー・バップ・ハイスクール』(7作品)

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > BE-BOP-HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール(1994)