映画-Movie Walker > 作品を探す > 突然炎のごとく(1994)

田舎町の少女のさりげない日常と心の動きを、音楽の一切ないモノクロームの映像の中で描くドラマ。監督は「罪と罰 ドタマかちわったろかの巻」の井筒和幸。脚本は井筒と木田紀生の共同。撮影は「夏の庭 The Friends」の篠田昇が担当。衛星放送のWOWOWが取り組んだ映画シリーズ〈J・MOVIE・WARS〉の第2期の1本として6月に放映ののち、劇場公開された。

2/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

かおりの日常は、男友達の太郎とのセックス以外これといったものはない。そんな日常に対する飽和感と飢餓感を感じているところに、ふとしたことで知り合った都会の匂いのする中年男・浩介が登場し、かおりは突然の情熱とほのかな期待を覚えた。しかし、なおみの出現もあり、浩介もまた単なるセックスの″条理″に甘んじた日常に埋没した男にすぎないことを知り、愛は次第に冷めていく。一方太郎は、かおりの気を引くことが出来ず、彼女と浩介の関係も知って不安と怒りがいや増す。かおりはやがて浩介に肉欲だけではない愛情を求めるが、その″不条理″を受け入れる″条理″のない浩介は、かおりを殺してしまう。そしてそこへ駆けつけた太郎の目の前で、自らも拳銃で頭を撃ち果てる。もはやなす術のない太郎は、かおりの幻影を求め、冷えた夜を彷徨い歩く……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1994年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド
上映時間 62
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 井筒和幸
プロデューサー 仙頭武則佐藤正悦長澤雅彦
脚本 井筒和幸木田紀生
撮影 篠田昇
美術 細石照美
編集 掛須秀一
録音 土屋和之
助監督 片嶋一貴

キャスト

かおり 坂上香織
浩介 小木茂光
太郎 山本太郎
なおみ 野田善子
なおみの夫 武井三二
リカ 細井正美
おでん屋の女将 稲垣ひろ子
スワッピングの夫 山本竜二
スワッピングの妻 小川美那子
電話を待つ女 野崎名美
かおりの姉の子供 石川絵美
ヤクザ風の男 木下ほうか
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 突然炎のごとく(1994)