映画-Movie Walker > 作品を探す > 釣りバカ日誌S

不倫騒ぎで大喧嘩になる浜ちゃんとスーさんの騒動を描く人気シリーズ・コメディ第7作。過去6作、「男はつらいよ」の併映だったが、今回初めての1本立興行に。「ビッグコミック・オリジナル」(小学館・刊)連載中のやまさき十三・作、北見けんいち・画による原作をもとに、栗山富夫に代わり森崎東が監督。脚本は山田洋次関根俊夫の共同。撮影は「修羅場の人間学」の東原三郎が担当。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

鈴木建設社長・鈴木一之助ことスーさんのもとに友人・山内昭男が訪ねて来た。息子の健吾が佐々木課長の娘・志野に一目惚れしたという。スーさんは佐々木課長を呼びつけ見合い話をまとめる。一方浜ちゃんは出張で、留守中にスーさんはみちこさんと世間話でもして帰ろうと彼の家に立ち寄るが、ビールに酔って寝入ってしまう。翌朝早くスーさんは帰宅するが、近所の自転車屋田宮が目撃し、出張から帰ってきた浜ちゃんに教えたので、不倫騒ぎになってみちこさんは島根の実家に戻ってしまう。一方、志野が健吾との見合い話を断ってしまったことから、佐々木課長は社長室でスーさんに辞表を提出。そこにボロボロの姿で浜ちゃんも乱入、同じように辞表を提出する。スーさんの説得で2人は辞表を退けられ、浜ちゃんはみちこさんを迎えに行く。みちこさんに誤解だったと謝る浜ちゃん。そこにスーさんが追いかけて来て、2人で仲良く鯛釣りに出かけるのであった。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 1994年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 106
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 森崎東
プロデューサー 瀬島光雄中川滋弘
原作 やまさき十三北見けんいち
脚本 山田洋次関根俊夫
撮影 東原三郎
音楽 佐藤勝
美術 重田重盛
編集 鶴田益一
録音 高橋和久小尾幸魚
スクリプター 長谷川幸子
スチール 野上哲夫
助監督 梶浦政男
照明 粟木原毅

キャスト

浜崎伝助 西田敏行
浜崎みち子 石田えり
佐々木志野 富田靖子
山内健吾 加勢大周
田宮辰夫 田中邦衛
チイママ舞子 松尾嘉代
佐々木課長 谷啓
山内昭男 西村晃
鈴木一之助 三國連太郎

『釣りバカ日誌』(22作品)

釣りバカ日誌20 ファイナル
釣りバカ日誌20 ファイナル (2009年12月26日公開)

西田敏行×三國連太郎の国民的人気シリーズ映画20作目の最終章

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様
釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様 (2008年10月25日公開)

大分県を舞台に、常盤貴子をゲスト女優に迎えたシリーズ19作目

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束
釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束 (2007年9月8日公開)

岡山県を舞台に、檀れいをゲスト女優に迎えたシリーズ18作目

釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!
釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ! (2006年8月5日公開)

石川県を舞台に、石田ゆり子をゲスト女優に迎えたシリーズ17作目

  • 釣りバカ日誌イレブン (2000年2月5日公開)

    おなじみの釣りバカコンビ・浜ちゃんとスーさんが巻き起こす騒動を、沖縄を舞台に描いた人気コメディ・シリーズの通算第13弾。

  • 花のお江戸の釣りバカ日誌 (1998年12月23日公開)

    おなじみハマちゃんとスーさんのコンビが繰り広げる人情喜劇シリーズの第12弾となる、時代劇作品。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 釣りバカ日誌S