映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 男ともだち

恋人がいながら、初めての男が忘れられないヒロインの生き様を描くドラマ。「もう頬づえはつかない」の見延典子の同名原作(講談社・刊)をもとに、教育映画、産業映画などを手がけてきた山口巧が劇映画デビュー作として監督したもので、脚本は「KOYA 澄賢房覚え書」の高山由紀子、撮影は「きこぱたとん」の岡崎宏三が担当。主演は劇団「第三舞台」の筒井真理子

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

都心の小さなギャラリーに勤める小田えりこには、井手高之という恋人がいるが、5年前、学生時代に出会った初めての男である魚住のことが今も忘れられずにいた。かつてえりこは魚住の心を試そうと妊娠したことがあったが、魚住はそれがきっかけでえりこから離れていったのだ。今、彼女はまた高之の子供を孕んでいたが、彼を愛していないと気づいたえりこは、心の整理をするために親友の佐久間美里とともに魚住の故郷・四国を訪ねる。魚住への思いは募るばかりだった。えりこは高之から、もう一人妊娠している彼女がいると知らされた。その彼女、柳葉基子は結局子供を堕ろしてしまうが、彼女とえりこの間には共生感が生まれてくる。ある日大学の同窓生・山根からえりこは魚住の消息を聞き、3年ぶりに魚住に出会う。魚住はえりこを優しく迎えてくれたが、妊娠を知った彼はえりこを受け入れてくれない。見捨てられたえりこは熱を出し寝込む。だが高之の熱心な看病に彼女は徐々に傷も心も癒えていった。そしてえりこは、一人で子供を産むことを決心するのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1994年
製作国 日本
配給 フィルム・クレッセント
上映時間 100
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山口巧
助監督 日垣一博
企画 相澤徹佐山武明
製作 相澤徹佐山武明
プロデューサー 佐藤祀夫
脚本 高山由紀子
原作 見延典子
撮影 岡崎宏三
スチール 山本耕二
照明 宮川寛治
音楽 高梨聖昭
音楽プロデューサー 小山田義根
瀬藤正則
編集 大島ともよ
録音 紅谷愃一信岡実
スクリプター 鈴賀慶子

キャスト

小田えりこ 筒井真理子
魚住元彦 永澤俊矢
井手高之 鶴見辰吾
佐久間美里 川上麻衣子
柳葉基子 川越美和
山根淳一 瀬藤正則
藤尾かおり 佐藤忍
日野 石橋蓮司
さよ子 渡辺美佐子
マスター 犬塚弘
森山 斎藤晴彦
医師 清水浩
学生 田中龍
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 男ともだち