映画-Movie Walker > 作品を探す > 居酒屋ゆうれい

街のはずれにある小さな居酒屋を舞台に、主人と新妻、ユーレイとなった前の妻が繰り広げる恋を描くコメディ。山本昌代の同名小説(河出書房新社・刊)をもとに、「エンジェル 僕の歌は君の歌」の渡邊孝好が監督。脚本は「夏の庭 The Friends」の田中陽三、撮影は藤沢順一が担当。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第3位、同読者選出日本映画ベストテン第3位。

3/5
総評価数 13
レビュー 1
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (7)
星2つ 0% (2)
星1つ 25% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

居酒屋「かづさ屋」の主人・壮太郎は妻・しず子が息を引き取る前に、決して再婚はしないと約束したのに、それを破ってしまった。兄の豊造夫婦の強引な勧めで見合いをした相手の里子にクラッときて、一緒になったのだ。ところが、しず子はそれを恨んでこの世に戻って来た。あなた、やっぱり嘘をついたのね、と壮太郎を問い詰める幽霊・しず子。オレはおまえも確かに愛していたけど、里子も愛しているんだ、という壮太郎の胸のつぶやきも、しず子には通じない。彼をめぐって、この世の女とあの世の女が壮絶な戦いを繰り広げることとなり、「かづさ屋」は壊滅状態に。とはいっても、他人の眼にはしず子は見えず、「かづさ屋」は若い美人のおかみさん目当ての客が増えて毎晩大にぎわいとなる。幼ななじみのバクチ打ちの辰夫、三河屋酒店の幸一、魚春のオヤジ、家族を捨て蒸発した佐久間、父を探し歩く娘…そんな人間たちが束の間の寂しさを忘れるために集まる、溜まり場となっていった。一方、ユーレイ騒動に疲れた壮太郎と里子は、寺へ相談に行く。和尚は幽霊画の掛け軸を2人に渡しながら、あの世とこの世との出入り口になっている掛け軸の絵の中に幽霊を入れてしまえばもう悩まされることはないと言うのだが、計画は失敗し、壮太郎は掛け軸をうっかり電車の中で盗まれてしまう。しず子の復讐が始まった。彼女は里子の体に乗り移り、壮太郎を誘惑する。ところが、さらに事態は急転し、辰夫が別れた妻子とヨリを戻す心機一転のためと、借金をして野球のナイター戦の賭けをしてしまう。また里子は昔の恋人でヤクザの杉本から呼び出しを受け、行方をくらましてしまった。壮太郎は辰夫のために、しず子に懇願してナイター戦の結果を前もって教えてもらう。それを教えることはしず子にとってはこの世にいられなくなることだったが、彼女は壮太郎にナイター結果を教え、また里子を杉本の手から救う。どこかでしず子が見守る中、壮太郎のもとに里子も帰って来た。

見たい映画に
登録した人
11

作品データ

製作年 1994年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 110
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 渡邊孝好
製作 稲見宗孝古川吉彦中川真次伊地智啓
プロデューサー 椋樹弘尚
原作 山本昌代
脚本 田中陽三
撮影 藤沢順一
音楽 梅林茂
音楽プロデューサー 向井達也
平松愛理
美術 稲垣尚夫
編集 鈴木晄
録音 紅谷愃一
スチール 目黒祐司
助監督 富樫森
照明 上田なりゆき

キャスト

壮太郎 萩原健一
里子 山口智子
しず子 室井滋
辰夫 三宅裕司
幸一 西島秀俊
魚春 八名信夫
佐久間 橋爪功
理恵 渋谷琴乃
杉本延也 豊川悦司
豊造 尾藤イサオ
ちづる 角替和枝
カスミ 余貴美子
比嘉武尊
里子の母 絵沢萠子
骨董屋主人 大竹まこと
掛け軸泥棒 深沢敦
リーゼントの男 翁華栄

レビュー

景気のいい時代の日本映画

投稿者:okara

(投稿日:2011/4/23)

まだ今の不況時代に突入していない時に制作されたので、どこの町…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

クエンティン・タランティーノ作品でレオナルド・ディカプリオ×ブラッド・ピット共演

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 居酒屋ゆうれい