映画-Movie Walker > 映画作品を探す > チンピラぶるーす ど・アホ!

風来坊と刑事のコンビが、爆弾魔を相手に活躍を繰り広げるコメディ。監督は「卍舞2 妖艶三女濡れ絵巻」の小笠原佳文。撮影は同作で組んだ宮島正弘。主演は人気漫才コンビのトミーズと、C・C・ガールズの藤森夕子。95年に大阪、名古屋で先行公開(1995年4月29日より)され、東京では同年5月13・14日に2日間のみの特別上映が行われたのち、96年に正式公開された。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

喧嘩っ早くて女好きの風来坊・マサは、結婚を約束した美人精神科医の朝倉麗子を追って大阪へ戻ってきた。マサと幼なじみの早川ケンは、離婚の危機にさらされながらも刑事に昇進しており、爆弾事件の容疑者・大崎を追っていた。そんなケンの元に、大崎の次の狙いは麗子であるとの情報が届く。元警察の爆弾処理班だった大崎は、精神異常を理由に仕事を解雇された過去を持ち、それを恨みに同僚を爆死させていたのだが、今度は彼を診察した麗子にその手が伸びていたのだ。早速ケンは先輩・古田と麗子の部屋の張り込みを開始する。だが、そこへ麗子を訪ねてきたマサが現れて、女房から本当はマサが好きだったと告白されていたケンや、若い女房に振り回されている古田は、麗子の身の危険を知って強引に参加しようとするマサを、いやいやながらも捜査に加えることにした。マサは、麗子が酔った勢いの冗談で結婚を約束したと分かってショックを受けたが、それでも懸命に麗子の身辺をガードする。しかし、そんなマサの隙を狙って大崎が麗子を拉致し、爆弾を仕掛けられたマサたちは動きが取れなくなってしまった。大崎は、麗子の婚約者・白川の勤める病院へ逃亡資金を取りに行くようマサに指示する。マサは限られた時間の中、舎弟のヒロシの手を借りて大崎逮捕と麗子救出に成功。ケンや古田も女房とヨリを戻して、事件は一件落着した。ひとり残されたマサは、再び孤独な旅の生活へと戻っていった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1996年
製作国 日本
配給 ファニーエンジェル
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小笠原佳文
企画 利倉亮
プロデューサー 加藤勉西村維樹
脚本 井上誠吾
撮影 宮島正弘
照明 井上武
編集 谷口登司夫
録音 小西進
音楽 東祥高
音楽プロデューサー 藤本久美子
スクリプター 清水町子
助監督 和田圭一
木村充揮
衣裳/スタイリスト 新丸亦二吉村育子
スチール 荒川大介

キャスト

マサ トミーズ雅
麗子 藤森夕子
早川ケン トミーズ健
大崎 中井信之
早川恭子 清水由貴子
吉田 片桐竜次
ヒロシ 大森嘉之
未樹 朝岡実嶺
病院理事長 キダ・タロー
煙草屋のお姉さん 桜樹ルイ
検尿の患者 ハイヒールモモコ
下着泥棒 渡嘉敷勝男
刑事課長 渡辺哲
八百屋 亀山忍
白井 山内としお
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > チンピラぶるーす ど・アホ!