映画-Movie Walker > 作品を探す > CAB

真面目で心優しいタクシー運転手が、ひょんなことから凶暴な殺人鬼となって都会の闇を疾走する姿を描いたサスペンス。監督はドラマ『豆腐屋直次郎の裏の顔』などで知られる、テレビ出身でこれが劇場映画デビュー作となった村橋明郎。脚本も自らが執筆した。撮影は「Shall We ダンス?」の栢野直樹が担当している。主演は「のぞき屋」の陣内孝則。スーパー16ミリからのブローアップ。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

“FAR EAST TAXI”のごく普通の真面目なドライバー・木田良介は、ある晩、ひどく泥酔したヤクザの親分・山根を客として乗せた。山根は、必要以上に脅えた木田が交番へ飛び込んだことに逆上し、ドスを抜いて暴れ出す。ふたりがもみあううちに、木田は過って山根を刺してしまった。正当防衛が認められて罪には問われなかったが、その日から木田の苦難の日が始まることとなった。彼はヤクザからの復讐の恐怖に脅え、仕事も私生活も手につかず、落ち着かなかった。さらにその上、人を殺すごとにエクスタシーを感じるという女・マリコと出会い、元ヤクザの同僚運転手・岩田から拳銃所持を勧められたり、急に身の回りに“非日常”が次々と迫ってくるのだった。やがて、精神のバランスを失いかけた木田のもとに、一丁の拳銃が舞い込んできた。この拳銃が木田の中で眠っていた凶暴性を呼び覚してしまったのである。同僚の佐伯がタクシー強盗に殺害されたのをきっかけにして木田の常軌はついにタガが外れ、拳銃を手にした木田はヤクザの事務所に単身乗り込んだかと思えば、町のチンピラを殺したり、無礼な乗客を撃ったりと、次々に暴走を始めた。そして、佐伯を襲ったタクシー強盗の3人組に復讐を遂げた木田の車は、マリコをともに乗せて、都会の闇の中へと消えていった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1996年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 94
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 村橋明郎
プロデューサー 溝上潔
脚本 村橋明郎
撮影 栢野直樹
音楽 磯田雄志小倉祐一
音楽プロデューサー 平松義行
主題歌 HOLLYWOOD
美術 佐々木敬
編集 渡辺行夫
録音 武進
スクリプター 川野恵美
スチール 櫻井和昭
助監督 八木潤一郎
照明 上田なりゆき
ラインプロデューサー 吉岡亨
衣裳 鈴木淳野口美紀子

キャスト

木田良介 陣内孝則
上原マリコ 小沢美貴
山根敏夫 安岡力也
平塚五郎 古谷一行
岩田春男 木場勝己
佐伯 山本清
白倉 梅津栄
加藤菜保子 中條かな子
白鳥雅子 森公美子
斎藤文雄 佐藤B作
組員 飯島大介
組員 市川勇
組員 斉藤暁
ジュン 萩野崇
トシ 金田浩樹
ゴロー 西尾浩行
祥子 水谷奈穂子
福井 高橋幸吾
佐藤 角田英介
小林 まいど豊
山田 大森博
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > CAB