映画-Movie Walker > 作品を探す > X(1996)

世紀末の東京を舞台に、地球の運命を賭けた超能力者同士の戦いを描くSFアニメーション。監督は「迷宮物語」のりんたろう。原作は女性4人からなる漫画作家グループ・CLAMPによる『月刊ASUKA』連載の同名漫画で、メンバーの大川七瀬は企画と脚本(共同)も手掛けている。

3/5
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1999年、人類を滅ぼし地球の自然を再生させようとする“地の龍”と、それを阻止する“天の龍”との対決が始まっていた。天の龍は巨大な建造物による結界で地球を守ろうとし、地の龍は結界を破壊しようとする。世界の終末を予見した夢見の丁は、天の龍である6人の超能力者を集め、戦いの命運を分ける力を持った少年・神威に、天の龍になって地球を守ってほしいと申し出た。神威は幼なじみの封真と小鳥の兄妹を守ることしか眼中になかったが、同じく神威の力を欲していた地の龍を集める夢見の庚に封真と小鳥をさらわれ、ふたりを取り戻すために天の龍と行動を共にした。遊人、颯姫、那吁、草薙、星史郎、笙悟などの地の龍たちは、新宿副都心・東京駅・サンシャイン60・アークヒルズ・恵比寿ガーデンプレイスといった結界の破壊を企て、空汰、嵐、征一狼、火煉、護刃、昴流などの天の龍たちはこれを阻止しようとする。命をかけた天の龍の抗戦も空しく、結界は次々と破壊されていったが、この間、神威が天の龍となったことで、実は神威の裏側の存在だった封真がもう一人の神威として目覚め、地の龍となってしまった。封真は神威の最愛の存在・小鳥を殺し、もはや破壊衝動のみに動かされて、地の龍や庚までも殺して神威に挑んだ。最後の結界である東京タワーで神威と封真の死闘が繰り広げられ、神威はからくも勝利をおさめたが、封真と小鳥を守れなかったことを嘆く。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

製作年 1996年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 97
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 りんたろう
製作 角川歴彦
プロデューサー 横山和夫丸山正雄池口和彦
原作 CLAMP
脚本 渡辺麻実大川七瀬りんたろう
企画 田宮武大川七瀬
作画監督 結城信輝
撮影 山口仁
キャラクター・デザイン 結城信輝
音楽 清水靖晃
テーマ音楽監督 YOSHIKI
美術 平田秀一
テクニカルスーパーバイザー 八巻磐
音響監督 本田保則

キャスト

司狼神威(声) 関智一
桃生小鳥(声) 岩男潤子
桃生封真(声) 成田剣
丁(声) 皆口裕子
有洙川空汰(声) 山寺宏一
鬼咒嵐(声) 篠原恵美
蒼軌征一狼(声) 田中秀幸
夏澄火煉(声) 小山茉美
猫依護刃(声) 野上ゆかな
麒飼遊人(声) 井上和彦
八頭司颯姫(声) 三石琴乃
那吁(声) 松本梨香
志勇草薙(声) 中田譲二
皇昴流(声) 宮崎一成
桜塚星史郎(声) 古澤徹
斗織(声) 池田昌子
庚(声) 高畑淳子
浅黄笙悟(声) 関俊彦

レビュー

夜景が綺麗でした

投稿者:haluhalu

(投稿日:2013/2/19)

原作も背景を小さいスペースに随分と描き込んでいてとても綺麗で…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > X(1996)