TOP > 映画作品を探す > ママレード・ボーイ(1995)

ひょんなことから兄妹になってしまうことになった高校生の恋と青春を描いたアニメ。“'95春東映アニメフェア”の中の1本で、劇場初登場。監督は矢部秋則

1/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

松浦遊は保健室のベッドで休んでいる光希の唇にそっとキスをした。狸寝入りの光希は、遊の突然の行動にドキドキ。しかし、遊の気持ちは光希に初めて会った時から決まっていたのだ。ある日、遊は両親から離婚を告げられる。しかも、二人はハワイ旅行で知り合った小石川夫妻と、それぞれパートナーを交換して再婚すると言うのだ。そして、相手の家にも遊と同い年の女の子がいるという。両親の前では平静を装っていた遊だったが、やはり心の奥底では傷付いており、彼は一人町の中をあてもなく歩くのであった。いつの間にか公園の中を歩いていた遊は、その時、テニスの壁打ちをしている一人の少女を見つける。何故かその少女に魅かれるものを感じた遊は、彼女の後をしばらくつけるともなしにつけていた。天真爛漫で明るくひょうきんな彼女に次第に恋心を抱き始める遊。松浦家と小石川家が初めて顔を合わせる日、彼が通された部屋には、まぎれもなくあの少女が座っていた。彼女は、両親の再婚相手の娘・小石川光希だったのである。これが二人の運命の出会いだった。

作品データ

製作年 1995年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 26
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 矢部秋則
製作 高岩淡安齊富夫泊懋
企画 関弘美
原作 吉住渉
脚色 松井亜弥
撮影 桶田一展
編集 花井正明
録音 川崎公敬
美術 塩崎広光千田国広
音楽 奥慶一
スクリプター 伊藤好子
スチール 馬越嘉彦
助監督 岩井隆央
濱田理恵國府田マリ子市川楊子

キャスト

松浦遊(声) 置鮎龍太郎
小石川光希(声) 國府田マリ子
秋月茗子(声) 山崎和佳奈
店長(声) 山口健
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ママレード・ボーイ(1995)