TOP > 映画作品を探す > 冬の河童

引っ越しの一週間前、一人の女性の出現で掻き乱される三人の兄弟の微妙な関係を描いた日常風景ドラマ。監督・脚本は「メロディ Melodies」の風間志織で、これが劇場用長編のデビュー作となる。撮影は「三月のライオン」の鈴木昭彦。主演は「メロディ Melodies」の伊藤亜希子。16ミリからのブローアップ。ロッテルダム国際映画祭(タイガーアワード)グランプリ受賞。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ピアノの教師である一太郎と、彼の異母弟でプータローのタケシ、そして彼らの父の愛人の連れ子で絵を描くことが好きなツグオの三人は、川の近くにあるあと一週間で取り壊しの決定した古びた家に住んでいた。そんな日、いとこのサケ子が彼らの引っ越しの手伝いをするためにやって来る。初めは懐かしさやそれぞれの成長ぶりに興味を覚えつつ、うまくやっていく四人だったが、タケシに好意を抱いていたサケ子の登場は、タケシの恋人・玉子の嫉妬心をひどく煽り立て、また一太郎にひそかな恋心を抱いていたツグオは、サケ子に魅かれていく一太郎を見て気が気ではなくなってしまう。サケ子を中心に2つの三角関係が交差し、彼らの関係はギクシャクしていった。そんな中、玉子だけはそんな状態に白黒つけようとサケ子に対峙し、姿を消すように言う。そのこともあってサケ子は一太郎と寝るが、一太郎からの結婚の申し込みは断る。そして、いよいよ取り壊しを明日に控えた夜、タケシは玉子と一緒に家を出て、サケ子と一太郎、ツグオの三人が家に残されるのであった。

作品データ

製作年 1995年
製作国 日本
配給 アップリンク
上映時間 114
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 風間志織
編集 風間志織
製作 西村隆西田宣善
脚本 風間志織小川智子
撮影 鈴木昭彦
照明 松本憲人
録音 鈴木昭彦臼井勝池原健
美術監督 木村威夫
美術 竹内公一
助監督 溝部秀二

キャスト

サケ子 伊藤亜希子
一太郎 趙方豪
タケシ 和久田理人
ツグオ 田辺誠一
玉子 久野真紀子
子供 小出由華
子供 辺見俊輔
女子高生 芹川砂織
女子高生 浅野あかね
コバヤシ&ぱんこ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 冬の河童