TOP > 上映中の映画作品を探す > 哭きの竜

『月下の棋士』などの劇画で知られる能條純一の出世作『麻雀飛翔伝・哭きの竜』の待望の実写映画化。監督はこれがデビュー作となる小林要。主役の竜を演じるのは新人の川本淳一。ほかに「Zero WOMAN 警視庁0課の女」の西岡徳馬、「ミンボーの女」の中尾彬、「居酒屋ゆうれい」の三宅裕司らが脇を固める。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

関東一円を取り仕切る広域暴力団・桜道会系の甲斐組組長・甲斐正三は、ある一人の男を執拗に欲していた。牌に命を刻み込むように哭き、神憑かり的な運の強さと不敗の伝説を持つ雀士“哭きの竜”。最近台頭してきた暴力団・美好組との対決を間近に控えた甲斐は、竜の持つ魔性の強運に惚れこみ、“哭きの竜”を桜道会の守り神にしようと考えていたのである。竜が死んだという噂を聞いた甲斐は、雀荘でチンピラに絡まれていた竜を発見して安心するが、竜は甲斐の誘いを一向に聞き入れない。甲斐の舎弟・権藤が美好組のチンピラに刺し殺されたのをきっかけに、甲斐組と美好組の抗争は激化していった。竜には、身も心も捧げてひたすら竜の帰りだけを待っている夏枝という女がいた。夏枝に恋心を抱くテツというチンピラは、竜を消すために大阪ヤクザ・海藤組から放たれたヒットマンだったが、竜を殺すのに失敗してから、夏枝を思うあまり竜に付きまとっていた。テツは夏枝を自由にしてやってくれと竜に懇願するが、竜は我れ関せずとばかりにそっけない態度を取る。一方、無差別の殺し合いに発展した甲斐と美好の抗争は、桜道会会長の桜田が間に入って手打ちの準備が進められていたが、テツを追ってきた海藤組の鬼塚が美好組の後押しについたことから、さらに激しさを増すこととなった。鬼塚はテツに新たな仕事を命じ、甲斐の命を狙ったテツの弾はわずかに逸れ、甲斐は一命をとりとめる。その頃、美好組の代打ちとの勝負に勝った竜は、組長の美好と麻雀を打つ機会を得ていた。竜を追って美好の隠れ家に乗り込んで来た甲斐は、怪我をおして自らの手で美好を射殺する。美好との抗争にピリオドを打ち、なんとしても竜を自分のものにしたいという思いをさらに強めた甲斐は、命を賭けた勝負に竜を誘い出す。竜の手はあまりふるわず、甲斐が快調に先行したが、竜は次第にアガリを重ね、最後の局で逆転の手をモノにした。竜は、約束どおり命をとれという甲斐を相手にせず立ち去ろうとする。しかし、そこへテツが現れ甲斐に銃弾を浴びせた。甲斐は倒れ、テツも組員たちに射殺されるが、竜は何も言わずその場から消え去った。雀荘の前で待っていた夏枝にも構わず、竜は朝もやの街にただ黙って消えていくのだった。

作品データ

製作年 1995年
製作国 日本
配給 アドバPR
上映時間 95
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小林要
製作 高橋一平小林尚武宮下昌幸加藤義久
製作プロデューサー 伊藤明博
製作委員会 加藤威史中原研一松村傑金沢靖彦宇佐美和徳
製作総指揮 久里耕介
原作 能絛純一
脚色 阿代幸四郎
撮影 栢野直樹
照明 渡部嘉
編集 宮澤誠一
録音 深田晃
美術 藤原慎二
音楽 中村雅都
衣装デザイン 中村美保
スクリプター 津崎昭子
助監督 生田聰

キャスト

川本淳一
甲斐正三 西岡徳馬
加賀夏枝 荒井乃梨子
テツ 軍司眞人
桜田道造 中尾彬
美好達司 三宅裕司
丸子末吉 小松方正
鬼塚マコト 山田辰夫
スナック・マスター 小倉久寛
権藤 河原さぶ
沼田 十貫寺梅軒
磯崎 山崎大輔
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 哭きの竜