TOP > 上映中の映画作品を探す > 超力戦隊オーレンジャー

悪の帝国バラノイアの怪人たちとオーレンジャーの戦いを描いたジュブナイル・アクション。95年東映スーパーヒーローフェアの中の一本。75年の『秘密戦隊ゴレンジャー』に始まった戦隊シリーズの20周年記念作品として製作された。監督はこばやしよしあき

4/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

悪の帝国バラノイアの皇子ブルドントが、「世界帝国の世紀」というSFXスペクタクル映画の撮影のため、いたいけな少年少女を誘拐するという事件が起きた。ブルドントは“BULDONT STUDIO”で撮影を開始するが、そこはセットではなく本物の戦場だった。本物の銃弾やミサイルが飛び交う中を逃げ惑う子供たち。それを知ったオーレンジャーたちは早速撮影現場に急行するが、ブルドントの巧みな演出と迷路のようなセットによって、彼らもキャストの一部として撮影に巻き込まれてしまうのであった。なんとか迷路から抜け出したオーレンジャーは子供たちを救出するが、台本通りに撮影が進まないことに怒ったブルドントによって送り込まれたロッカーナイト、カボチャンプキン、ジャックチャック、ネコシグナルの4マシン獣から攻撃を受ける。やがて、その4マシン獣はスチームパンクスに合体。オーレンジャーもオーレンジャーロボを出撃させ戦いを挑んだ。死闘の末、オーレンジャーは勝利を収め、ブルドントの悪魔の映画作りを阻止するのであった。

作品データ

製作年 1995年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 40
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 こばやしよしあき
製作 渡邊亮徳
企画 吉川進
プロデューサー 鈴木武幸高寺成紀
原作 八手三郎
脚色 上原正三
撮影 いのくままさお
照明 磯山忠雄
編集 成島一城
録音 石川孝
美術 安井丸男
衣装デザイン 東京衣裳
音楽 横山菁児
特撮監督 佛田洋
アクション監督 山岡淳二
助監督 諸田敏
速水けんたろう

キャスト

星野吾郎(オーレッド) 宍戸マサル
四日市昌平(オーグリーン) 正岡邦夫
三田裕司(オーブルー) 合田雅吏
二条樹里(オーイエロー) 麻生まゆみ
丸尾桃(オーピンク) さとう珠緒
隊長 宮内洋
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 超力戦隊オーレンジャー