映画-Movie Walker > 作品を探す > SLAMDUNK 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏

足の故障で一生バスケットがプレイ出来なくなってしまう青年と湘北ファイブの交流を描いた、熱血青春スポーツ・アニメーションの第4弾。監督は明比正行。“95夏東映アニメフェア”の1本で、劇場用オリジナル。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

流川の後輩で、富ケ丘中学のバスケ部主将のイチローは、医者から右膝が関節結核であると告知される。非常に危険な病気で、手術をうけても治る確率は少ないという。無論、バスケットを続けるなど許されないことだった。「流川先輩ともう一度バスケがしたい」と願うイチローを思って、姉・茜は晴子に相談を持ちかけた。その結果、イチローはインターハイ全国大会を目前に控えた湘北の紅白練習試合に参加出来ることになった。しかし、喜ぶイチローに流川は冷たかった。中学生であるイチローとは同じチームでプレイ出来ないと言う流川は、敵チームに入る。持ち前のスピードでなかなかの健闘を見せるイチローだったが、流川のシュートを止めようとして着地した時、右膝に激痛が走った。蹲るイチローに、流川は「思い残すことがなくなるまでやるんだ」と叱咤する。その言葉で蘇ったイチローは、その後流川のマークをかわしてシュートも決めた。残り時間10秒、イチローのアシストで花道がシュートを決め、イチローのチームが勝って試合は終わった。夢を叶え満足げなイチローに、流川は自分のユニフォームを投げた。こうしてイチローはバスケットに別れを告げ、手術に臨んでいくのであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1995年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 40
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 明比正行
製作 高岩淡安齊富夫泊懋
原作 井上雄彦
脚色 岸間信明
企画 西沢信孝佐藤公宣
作画監督 大西陽一
音楽 BMF
ZYYG
美術 坂本信人

キャスト

桜木花道(声) 草尾毅
流川楓(声) 緑川光
赤木晴子(声) 平松晶子
赤木剛憲(声) 梁田清之
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > SLAMDUNK 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏