映画-Movie Walker > 作品を探す > 新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争

新宿歌舞伎町を舞台に、チャイニーズ・マフィアと日本のやくざの抗争を追う中国残留孤児二世の刑事を主人公に、壮絶な“黒社会”の表と裏を描くピカレスク・バイオレンス。監督は「第三の極道」の三池崇史。主役の刑事には「修羅の帝王」の椎名桔平がふんし、共演には「君といつまでも」の田口トモロヲ、「KAMIKAZE TAXI」のシーザー武志、「修羅の帝王」の柳愛里などがあたっている。(R指定)

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

その異常なまでの残虐性で、新宿で急激に勢力を伸ばしつつあるチャイニーズ・マフィア“龍爪”。彼らを追う新宿署の刑事・桐谷龍仁は、歌舞伎町で起きた警官刺殺事件の捜査にあたっていた。犯人は“龍爪”のボス・王志明の愛人の少年・周潤と見られており、龍仁は周と一緒にいた楊という中国人とホテトル嬢・りつ子を捕え、拷問ともいえる取調べで王とその一味の居場所を突き止める。ところが、その取調べの過程で龍仁は、弟の義仁が“龍爪”にかかわっていることを知り愕然とする。義仁は“龍爪”の弁護士という立場を利用して、新宿の裏社会でのし上がろうと企んでいたのだ。中国残留孤児二世である彼らは、日本にも中国にも所属できない、いいしれぬ疎外感を感じていた。しかし、それゆえに龍仁は、家族の絆を必要以上に大切にしようとしていた。彼は両親と弟のために、ずいぶん前から警察官という立場を利用し、不正を重ねて莫大な金額を手にしていた。龍仁は弟に汚い世界から手を引かせようと独自の裏社会のネットワークを利用し、王を執拗に追い続ける。一方、王も父親殺しの罪で台湾を終われたという過去を持ち、祖国に戻ることもできず、その傷を愛人の周潤とともに“龍爪”を大きくしていくことで癒していた。義仁は兄との確執に苦しみながらも、そんな兄に反発して“龍爪”の中心により深く食い込み、臓器売買にまで手を染めてゆくのだった。龍仁は弟を取り戻すべく王の元へ単身乗り込んでいくが、反対に叩きのめされ監禁されてしまう。臓器売買で地元のやくざ・山根組と取引きを始めた王は、取引きの条件で山根組に騙されていたことを知ると、片腕である狩野に山根組を襲撃させ、組長の内田以下を皆殺しにさせた。狩野の情婦でもあるりつ子の手引きで地下室から逃げ出した龍仁は、狩野を射殺するとその足で義仁の元へ向かった。銃を構えて抵抗する義仁を力づくで連れ出した龍仁は、気絶した弟を両親の元へ届けてから、王の隠れ家へ乗り込んだ。そして激しい死闘の末に、ついに龍仁は王を射殺するのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1995年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 三池崇史
製作 池田哲也
プロデューサー 土川勉木村俊樹
脚本 藤田一朗
企画 武内健
撮影 今泉尚亮
音楽 アトリエ・シーラ
美術 尾関龍生
編集 島村泰司
録音 佐藤幸哉安藤邦男
スクリプター 松隈理恵
スチール 鈴木さゆり
助監督 山本英之
照明 櫻井雅章
衣裳 松田一雄

キャスト

桐谷龍仁 椎名桔平
狩野繁 シーザー武志
嶋田秀介 サブ
周潤 益子和浩
桐谷義仁 井筒森介
春日りつ子 柳愛里
内田陣市 大杉漣
松崎 平泉成
石坂圭悟 須藤正裕
王志明 田口トモロヲ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争