TOP > 映画作品を探す > サンクチュアリ(1995)

腐敗しきった日本を変えるために、表と裏の世界からトップの座を目指そうとする二人の青年の、熱き野望を描いた作品。監督は、これがデビューとなる藤由紀夫。撮影は「白い馬」の高間賢治が担当している。主演は「写楽」の永澤俊矢と「凶銃ルガーP08」の阿部寛

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

幼い頃をプノンペンで過ごしていた北条と浅見は、クメール・ルージュ軍の侵攻に伴い、それぞれの両親と別れ別れとなってしまう。命からがらタイへ越境した二人は、そこで日本人看護婦に助けられ、初めて故国日本の土を踏むことになる。しかし、二人の目の前に広がるその地は、繁栄と平和を貪る、腐敗しきった堕落の国だった。北条と浅見は“本当の人間”を育むことの出来る国家建設を夢見て、表と裏の世界から日本を改造していくことを決意。頂上を目指して、それぞれの世界に身を投じて行くのであった。それから16年、北条は急成長目覚ましい北彰会会長の座を、浅見は国会議員・佐倉の第一秘書の座を獲得していた。それぞれに力をつけた二人は、いよいよ計画を実行に移す。その手始めは佐倉の議員生命を奪うことだった。北条は佐倉のスキャンダル写真を入手すると、それをネタに佐倉を失脚させることに成功する。それをうけて浅見は佐倉が築き上げてきた地盤を受け継ぎ、次期衆議院選挙への出馬を表明。新たな政治団体・立風会を結成して、民自党幹事長らを脅かしていくのだった。一方、北条は舎弟の田代や武闘派・渡海、果ては陰の実力者・市島のバックアップを得て、北条の不穏な動きを嫌った六本木署の新副署長・石原杏子や相良連合総長らの攻撃をかわしつつ、相良連合二代目を襲名するまでとなる。その後、浅見は選挙でトップ当選を果たし、北条は日本全国のヤクザ界を制覇する準備に取りかかるのだった。しかし、これはまだ二人の野望へのほんのスタートラインに過ぎなかったのである。

作品データ

原題 Sanctuary
製作年 1995年
製作国 日本
配給 シネウェーブ(配給協力*T.A.F.)
上映時間 103
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 藤由紀夫
製作 篠島継男
企画 末吉博彦
製作総指揮 藤井浩明
プロデューサー 清島参子斉藤謙司福島聡司
原作 史村翔池上遼一
脚色 安本莞二
撮影 高間賢治
照明 上保正道
編集 川島章正
録音 柿澤潔
美術 竹内公一
衣裳/スタイリスト 万木利昭
スクリプター 赤澤環
スチール 長浜谷晋
助監督 猪腰弘之

キャスト

北条彰 永澤俊矢
浅見千秋 阿部寛
石原杏子 中村あずさ
渡海 世良公則
田代 榊原利彦
尾崎刑事 六平直政
伊佐岡巌 渡辺文雄
市島 田村高廣
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > サンクチュアリ(1995)