映画-Movie Walker > 作品を探す > 勝手にしやがれ!! 強奪計画 > レビュー

投稿レビュー(1件)勝手にしやがれ!! 強奪計画は星3つ

「勝手にしやがれ!! 強奪計画」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

黒沢清監督の初期シリーズ・第1作 (投稿日:2014年1月25日)

黒沢清監督の「勝手にしやがれ!!シリーズ」の第1作。
あちらこちらに黒沢清監督らしさが見られる作品だったが、無難な娯楽作といえよう。
いざという場面で見られたスローモーション場面(2箇所)は、なかなかグッドであったが、全体としてはまずまずの出来。

オープニングは、分岐道を映した場面~自転車~谷中ぎんざの街に入っていくシーンから。

物語は、ある車修理工場の社長からユスリした藤田雄次(哀川翔)と吉行耕作(前田耕陽)が、そのシマのヤクザにボコボコにされたところを雄次は保母=榊涼子(七瀬なつみ)に助けられて「天使に会った」とボーッとする。
一方、耕作は「キャバクラのキャンディちゃんと結婚する」と喜んでいたが、保母=キャバクラ嬢であるという「よくある展開」。
さらに、貧乏神の元医者=松浦が登場し、雄次が松浦に「あんたといると不幸が移るんだよ」には笑えた。
この4人が涼子の父親の手術代(3000万円)をゲットするために、ブツ(麻薬)運びをしたり、それを奪ったり、と展開する物語に、黒沢清監督の常連である洞口依子や大杉漣などが絡む。

気楽に楽しめる作品であった。
»ガイドライン違反報告

投稿:たっかん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 勝手にしやがれ!! 強奪計画 > レビュー