グレン・ミラー物語|MOVIE WALKER PRESS
MENU

グレン・ミラー物語

1954年1月8日公開,117分
  • 上映館を探す

「怒りの河」「雷鳴の湾」のトリオ、製作アーロン・ローゼンバ ーグ、監督アンソニー・マン、主演ジェームズ・スチュアートによるテクニカラーの音楽映画1953年作品で、バンド・リーダーとしてまたトロンボーン奏者として高名の故グレン・ミラーの生涯を描く。脚本は「夫は偽物」のヴァレンタイン・デイヴィース、撮影は「雷鳴の湾」のウィリアム・ダニエルス、音楽監督はジョセフ・ガーシェンソンの担当。共演者はMGMをはなれたジューン・アリソン、「白昼の脱獄」のヘンリイ・モーガン、「ウィンチェスター銃'73」のチャールズ・ドレイク、マリオン・ロス、ジョージ・トビアス、シグ・ルーマンらで、それにルイ・アームストロング、ジーン・クルーパ、ベン・ポラックらのジャズメンが特別出演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

若いトロンボーン奏者グレン・ミラー(ジェームズ・スチュアート)は、新しい音楽を創り出す悲願を抱き、そのため苦しい生活を忍んでいた。彼の親友のピアノ奏者チャミイ(ヘンリイイ・モーガン)さえも、グレンの目的に疑いを持つようになったが、偶然の機会にグレンの編曲した作品がベン・ポラック(自身出演)の耳にとまり、ポラックの編曲助手として採用され彼の楽団と一緒に演奏旅行に出た。デンヴァーに来たとき、グレンは学校時代の女友達ヘレン(ジューン・アリソン)に電話をかけ、真夜中に彼女を訪れた。彼はヘレンとは2年間も音信不通であったが、彼女を彼の両親の家へ朝食に連れ出した。彼の唐突なやり方にヘレンもはじめはさからったが、次第に彼に惹かれるようになった。だが、グレンが彼女に求愛しようとしたとき、チャミイがあらわれ、グレンを仕事に連れ去ってしまった。大衆音楽に新しい音色を入れようと努力をつづけるグレンは、楽団斡旋屋のドン・ヘインズに認められたのを機にポラックの許を去り、2年間編曲に専念したが、成功せず、この原因はヘレンのいないことだと悟った。彼は直ちに長距離電話でヘレンを呼び出して結婚を申込み、彼女も承諾を与えた。式は紐育の小さな教会でささやかに挙げられた。グレンは、ヘレンのすすめで本格的に作曲の勉強をはじめた。まとまった貯金が出来たとき、ヘレンはグレンにすすめて自分の楽団を組織させた。6ヵ月後ボストンに出演することになったが、途中事故のため楽団は解散の止むなきに至り、妊娠中のヘレンも健康を害し入院してしまった。ミラー一家の苦境を知ったボストンのポール・ルームの経営者シュリプマンは、グレンに1000ドルを提供して楽団を再編成させ、ポール・ルームに出演させた。そのとき偶然、トランペット奏者が唇をいためたので、彼のスコアをクラリネットに書きかえて演奏させたところ、これが計らずもグレン・ミラー・サウンドの誕生となり、未来への光明が開けた。長男が生まれ、演奏も大当りがつづき、レコードも飛ぶように売れた。ハリウッドからも招かれ、得意の絶頂にあったとき第2次大戦が勃発した。グレンは志願して空軍に入り、戦債及び兵員募集のための演奏をつづけ、次いでヨーロッパ戦線へ慰問旅行に出かけた。クリスマスの日にはグレンはパリから米国向けに特別放送をすることになり、その番組で遥かにヘレンたちに呼びかけようと決心した。だがロンドンからグレンを乗せてパリに向かった飛行機は英仏海峡上空で消息を絶ったまま、遂に帰らなかった。

作品データ

原題
THE GLENN MILLER STORY
製作年
1954年
製作国
アメリカ
配給
日本ユニヴァーサル映画会社
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • たっかん

    3
    2016/9/17

    この映画、<ハイビジョン・マスター版>(113分版)と<スタンダード版>(96分版)がDVD収録されていたので、2バージョン続けて観た。
    もちろん物語は、ほぼ同様であるが、前者はワイド画面で綺麗、なおかつ後者はアチコチがカットされている。

    グレン(ジェームズ・スチュワート)は、質屋通いでトロンボーンを入れたり出したり。
    演奏された曲「♪イン・ザ・ムード」は有名な曲。
    また、曲名「♪チャタヌガ・チュー・チュー」というのは、昔、新宿副都心の高層ビル建つ前に甲斐バンドが「BIG GIG」という野外ライブをして、そのレーザーディスクを見まくっていたが、その中の曲に「♪……チャタヌガチューチュー粋なムード……」という歌詞が出てくる曲があって何のことかと思っていたら、『グレン・ミラーの曲』だったのか、と納得。
    その他、「♪茶色の小瓶」など印象的。

    グレン・ミラーの「大切なのは楽団の個性だ」とか、友人の言う「グレン・ミラー楽団とその音楽は不滅なんだ」というセリフも印象的だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • おやびん’

    4
    2007/5/14

    確か、自分が中学生の頃父が珍しく
    今日テレビでいい映画があるぞと誘って
    言われるまま観ていたがしだいに
    引き込まれていった。
    ジャズに目覚めた作品!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告