映画-Movie Walker > 作品を探す > ALICE SANCTUARY アリス・サンクチュアリ

双子の少女と行き場を失った少年たちの破滅的な交流を描いたドラマ。監督・原案・脚本はこれが劇映画デビューとなる「寿ドヤ街 生きる」の渡辺孝明。撮影は「ベトナムのダーちゃん」の本吉修。主演はOV『今日から俺は!』の坂井江奈美と香月の姉妹。第44回マンハイム-ハイデルベルグ国際映画祭国際映画批評家連盟賞受賞。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

死体安置所。若い女性の遺体に死に化粧をする男が息を吹きかけると、その遺体は呼吸を始めるのだった。明子と恵子は17歳になる双子の姉妹。明子は都立高校の3年生で、恵子は聾学校に通っていた。単身赴任中の父の世話のために母が家をあけていたある日、明子は柔道部の武司とつきあい始める。そして武司と明子は街のコンビニで知り合った加藤、勇、史郎と仲良くなり、武司の両親が留守がちなのをいいことに、武司の部屋を彼らのたまり場にするのであった。一方、恵子は自由奔放に暮らす明子に憧れ、武司との関係に嫉妬するが、武司とつまらないことから喧嘩した加藤らに、明子と間違われて輪姦されてしまう。恵子を慰めた明子は、しかし傷ついたのは自分ではないと、武司との関係を再開させるばかりか、武司の部屋で同棲生活を始める。部屋を自分の色に染めていく明子。だが戻って来た加藤たちは、もはやそこに自分たちの居場所がなくなってしまったことに腹を立て、部屋を破壊した。しかも明子にも暴力をふるい、ついに死に至らしめてしまう。加藤たちが帰った後、一人で部屋に残された武司は、実はまだ生きていた明子の首をそっと締める。血の海の中、胎児のように眠る明子は「私は、もう一度生まれて来る」と囁いた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1995年
製作国 日本
配給 キメラ〔Chim(a)era〕
上映時間 108
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

草野明子 坂井江奈美
中村武司 内田大介
草野恵子 坂井香月
加藤健次 細野哲弘
奥村史郎 高良陽一
安藤勇 小林英俊
武司の父 せんだみつお
武司の母 内藤やす子
武司の兄 高橋睦
死に化粧の男 マルセ太郎
柔道部コーチ 大島正光
担任教師 海津亮介
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ALICE SANCTUARY アリス・サンクチュアリ