まあだだよ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

まあだだよ

1993年4月17日公開,134分
  • 上映館を探す

『百鬼園随筆』などの随筆家・内田百けんとその門下生たちとの心のふれ合いを様々なエピソードで綴るドラマ。「八月の狂詩曲」(91)に続く黒澤明監督の三十作目であり、「姿三四郎(1965)」でデビュー以来監督生活五十周年目という記念すべき作品。結果黒澤監督の遺作となった。また「影武者」以来演出補佐を務めた名パートナー・本多猪四郎はこの作品を最後に本年二月二十八日死去した。主人公の先生役には「どですかでん」以来の黒澤作品出演となる松村達雄が扮し、また門下生の一人として所ジョージが黒澤作品に初出演をして話題となった。キネマ旬報ベストテン第十位。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和一八年の春。先生は生徒たちへ、作家活動に専念するため、学校を去ることを告げた。生徒たちは『仰げば尊し』を歌い敬愛する先生を送る。退職後に引っ越した家にも、高山、甘木、桐山、沢村ら門下生たちが遊びにやって来る。といっても皆、中年のいい大人なのだが。ある日、先生の家で還暦の祝宴が開かれた。先生と奥さん、門下生たちの馬鹿鍋を囲みながらの楽しい会話が弾むが、戦時下のこと、空襲で水をさされてしまう。先生の家は空襲で焼けてしまい、知人の厚意で貸してもらった、三畳一間の堀建小屋暮らしを余儀なくされる。先生と奥さんは狭いこの小屋で夏、秋、冬、春……三年半を暮らす。昭和二一年の晩春、門下生たちの画策で第一回『摩阿陀会』が開かれた。元気な先生はなかなか死なない、そこを洒落で死ぬのは『まあだかい?』というわけだ。吉例となっていくビールを飲み乾して先生は『まあだだよ!』と答える。宴会は盛り上がり、混乱の極致である。門下生たちの尽力で新しい家ができた。先生はお礼の申しようもないと感謝し、幸せそうである。猫を抱いた奥さんも嬉しそうだ。ある日、先生もお気に入りの猫、ノラがふいに失踪する。以来先生は哀しみにくれる毎日を過ごす。ノラを捜す周囲の人たちの善意に、先生の胸は感激でいっぱいになった。昭和三七年、晩春。第十七回の『摩阿陀会』。先生の髪は白くなり、門下生たちは子供や孫を同伴しての出席である。先生は小さな子供たちへ言葉を贈る。『みんな、自分が本当に好きなものを見つけて下さい……』。途中で体調をくずした先生は、門下生に付き添われて家へ帰る。布団の中で眠る先生は、なんだか楽しそうな顔をしている。先生は夢を見ているらしい。

作品データ

製作年
1993年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
134分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • 晴耕雨読

    5
    2009/5/23

     映画「まあだだよ」はご存知のように、 内田百間(※改名後の『けん』の漢字は記載不能なために改名前の『間』を使用します。)を主人公にした映画であり、黒澤明監督の遺作となってしまった作品です。物語は私の母校である法政大学でドイツ文学の教鞭をとった内田百間、元・教授と教え子たちの師弟愛と同窓生としての交流を描いています。ダイナミックな作品を残してきた監督は山本周五郎の原作を数多く映像化してきましたが、周五郎の小説が元来描いてきたのは市井の人々の日常生活であり、私自身も周五郎の小説では「さぶ」が最も好きな作品です。監督も晩年は市井の人々に視線を向け、ユーモアとペーソスを描くことを集大成にしたのでしょう。

     ユーモアとペーソスといえば上品な洒落、諧謔に哀感、哀愁、悲哀を感じさせる俳句を詠んだ小林一茶が思い起こされますが、このような人のもとには不思議と人が集まるものです。教授ではありませんでしたが、法政大学体育会空手部のOB会、『こぶし会』でも金無垢のような大先輩のもとに大勢の後輩たちが集まっていました。大先輩は2007年に大往生を遂げられましたが、この方のもとに集まる時の後輩たちは全員が真っ正直な善人になっていたことが思い起こされます。

     黒澤明監督の単独による脚本はこの映画以外にも「夢」と「八月の狂詩曲」がありますが、人生の冬を迎えた監督が、自分の師について見つめた映画でもあるのでしょう。「姿三四郎」や「続・姿三四郎」は技術は勿論のこと人間性や人格に優れた師の薫陶を受けて弟子の三四郎が成長していく物語でした。黒澤明監督にとっての師となれば、ジョン・フォード監督であることに異を唱える人はいないでしょう。そのジョン・フォード監督も西部開拓史時代の勇壮なアクション映画を沢山撮ってきましたが、晩年には彼の徒弟である俳優たちのオールスターキャストで、かつての作品群で敵役として殺害してきたネイティブアメリカンへ優しい視線を向けています。黒澤明監督も晩年の単独脚本による「夢」、「八月の狂詩曲」、「まあだだよ」での視線は非常に優しいのです。

     ジョン・フォード監督への尊敬の眼差しを向ける黒澤明監督が30本目作品に「まあだだよ」を撮ったのは、ジョン・フォード監督の「長い灰色の線」のテーマがウェストポイント陸軍士官学校と士官候補生との師弟愛と同期の桜たちの友情だったことへの想いなのかもしれません。映画冒頭の『まあだかい』、『まあだだよ』の応酬や新築された家にあるドーナツ型の池は『∞=無限大』を表現しています。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告