TOP > 上映中の映画作品を探す > 「フィリップ君。」

死んでしまった少女を探し求めるロボット、フィリップ君の切ない思いを描くSFメルヘン。TV番組“えび天”の名物監督として知られた岩崎友彦の監督・脚本による初の16ミリ劇映画で、伊丹市自主制作の劇映画シリーズの五作目。全てオーディションで選ばれた新人ばかりでキャスティングされた。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

闘病生活の末帰らぬ人となった少女たえ子。ボーイフレンドのタカシは彼女が大切にしていたロボットのフィリップ君を形見に譲り受ける。時が経ち、悲しみが薄らぐにつれタカシは自分を見守っていたチエの方に心が傾くが、たえ子が死んだことが分からないフィリップは彼女の姿を探し回り、天国に言ったということを聞いて飛行機に乗ろうとしたり、ロケットを作って空を飛ぼうとしたりする。そんなフィリップに応えるかのように、たえ子と最後に別れた河原には、彼女が好きだった花が一面に咲き誇るのだった。

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 伊丹映画祭実行委員会=プロダクション・ゾオン
上映時間 40
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 岩崎友彦
脚本 岩崎友彦
製作 中川俊秀
プロデューサー 笹岡道成鑓水一仁
撮影 石井律子
音楽 仙石幸太郎
美術 倉田智子清水充
録音 山田幸治長島慎介
照明 杉浦泰司
スチール 竹田淳一正木照男
編集 岩崎幸子
助監督 山根建人倉田径文

キャスト

たえ子 久保圭伊子
フィリップ 岩見幸芳
タカシ 中村智志
チエ 瀬野志帆
たえ子の父 竹内卓児
たえ子の母 井上好子
たえ子の祖母 和田映子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 「フィリップ君。」