TOP > 上映中の映画作品を探す > 手紙(1992)

差出人不明のラブレターをもらった主人公が、その相手を探す日々を描く、ミステリー要素のある青春映画。伊丹発の自主映画「下駄とジャズ」、「ひとけたの夏」などの撮影を担当した横山健二が自身の体験をもとに脚本・監督・撮影を務めた作品で、先に九二年十一月の伊丹映画祭で公開された(東京地区では本年五月二十九日に公開後、さらに七月十日より「「フィリップ君。」」と同時上映で、伊丹映画祭実行委員会=プロダクシオン・ゾオン配給により公開)。ナレーターは岡秀樹。16ミリ。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

俺(主人公)は大学に入って初めての春休みのある日、いわゆるラブレターを受け取った。住所不明、差出人不明で、少女漫画的なその内容に、半ば疑いつつもその送り主を探し始める。やがて半年に及ぶ捜査と推理の末、ようやく差出人の友人だという高校時代の同級生・星山さんにまでたどり着く。俺はその女の子へ向けた手紙を星山さんに渡すが、それきりその返事もなく、星山さんとも会うことなく日々が過ぎていった。果たして、差出人は実在したのか、それとも星山さんの悪戯だったのか、今となっては知るよしもない……。

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 横山健二
上映時間 60
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 横山健二
脚本 横山健二
撮影 横山健二
照明 横山健二
編集 横山健二
製作 和田尚也藤村太
音楽 鈴川友也中本徳朗
録音 鈴木啓三
助監督 谷口勇司
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 手紙(1992)